JAL先行、ANAが追う国内線Wi-Fi競争の行方

短距離路線のサービス差別化で試行錯誤続く

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)両社の機体には最近、「こぶ」のようなものがある。これが機内Wi-Fi用の通信アンテナだ(上写真:ANA、下写真:JAL)

多くの企業が年末年始の休暇に入り、これから帰省や旅行で飛行機を利用する人は増えそうだ。機内で帰省先の家族や親戚と連絡を取ったり、旅行先のことを調べたり、空の上でもインターネットを使いたいというニーズは少なくない。

全日本空輸(ANA)は12月20日、2018年4月から国内線での機内Wi-Fiインターネットを無料化すると発表した。eメールやメッセージングアプリなどのSNSでのやり取りには不自由ない程度の通信速度があるという。

ANAの国内線機材のうち、Wi-Fi設備を備えているのが約70機。設備の取り付けが可能な機材の約7割を占める。2018年度末までにはこれを100機まで拡大、国内線対象機の9割を超える計画だ。

JALのWi-Fi「多い便では半数が利用」

JAL、ANA両社の機内Wi-Fi接続画面。無料化以前のネット接続は、JALが従来30分400円、ANAが40分550円などの料金体系だった。両社ともネット利用には事前のアカウント登録が必要(左写真:JAL、右写真:ANA)

だが、ライバルの日本航空(JAL)はすでにWi-Fi無料化に手をつけていた。国内線対象機全機へのWi-Fi設備の取り付けを昨年完了させ、今年2月に無料化を期間限定で開始。6月に”永年無料化”を発表した。アイドルグループの「嵐」を起用した大々的な宣伝を目にした人も多いだろう。

JAL 商品・サービス企画本部開発部の江幡考彦・客室サービスグループマネジャーは、「羽田発着の幹線(大阪、札幌、福岡、沖縄など)では半分くらいのお客様の利用がある。時間で言うと、月曜日や金曜日の夕方に利用が多く、出張や単身赴任のビジネス客が多いようだ」と分析する。

ANA側もいち早くWi-Fiを無料化したJALの動向に注目していた。「実際にJAL機に搭乗し、Wi-Fiの使い勝手や機内の様子、周囲の乗客の会話を確認した。企業にもヒアリングを行い、さまざまな世代にWi-Fiのニーズが十二分にあると感じた」(ANA マーケティング室レベニューマネジメント部の小別当浩司・国内チームマネジャー)。

次ページ破綻後のJALがいち早く導入
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?