「グルテンフリー」を超える新世代パンの実力

池袋のリビエラ東京とベンチャーが共同開発

1月28日に発売される「バリアフリーパン」。グルテン、アレルゲンだけでなく、宗教上の理由で規制のある原料も除いた(写真:コスモバイタル)

東京・池袋、立教大学の前で結婚式場やレストランなどを展開する「リビエラ東京」。立教通りに面した同社のカフェで1月28日、新しいパンが売り出される。

新しいパンは3種類。いずれも従来にない、新しい概念のパンだ。

油脂など添加物を使わない

1つ目が、「オイルフリー食パン」(1斤税込み500円)。名称通り、油脂のほか、乳化剤や増粘剤などの添加物が含まれていないパンだ。

パンは本来、小麦と水、塩に、パン種(酵母菌と乳酸菌が共生したもの)を加えて発酵したものだ。発酵食品のため日持ちし、もとは防腐剤も油脂も不要だった。

しかしその後、酵母菌を純粋培養したイーストによるパン作りが中心になる。さらに、日本では柔らかいパンが好まれるため、砂糖や油脂、乳化剤などが加えられていった。

現在では「天然酵母」を使うパンも増えているが、定義がはっきりしないうえに、逆にその酵母によってカビが増える危険があり、むしろ添加物が増えてしまっているケースも見られる。

リビエラ東京が発売するオイルフリー食パンは、油脂や乳化剤の代わりに、ある処理をした米粉を入れる。小麦粉の10~15%を米粉に置き換えればよく、あとは通常のパンと変わらない。一般の米粉パンのようにパサパサしておらず、柔らかいしっとりとした食感がある。

次ページ2つめは「グルテンフリー」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT