欧州産「生ハム」が日本で一段と身近になる日

イタリアが求めるのは量より質の理解

イタリアの食卓には欠かせない生ハム。特に、パルマハムは生ハムの王様として知られる(写真:筆者撮影)

「日本人は欧州産チーズを真に楽しめていない」(8月4日配信)、「フランス高級ワインは日本で高値を崩せない」(8月6日配信)で取り上げたチーズ、ワインに次いで、EPA(日欧経済連携協定)で注目されているのが生ハムだ。

実は豚肉、生ハムにも影響

街中の精肉店には丸々と太った生ハムの王様・パルマハムが無造作に吊り下げられている(写真:筆者撮影)

チーズやワインがニュースを騒がせたことに比べると、今回さほど注目を浴びなかったものの、豚肉をめぐっては実は大きな変化があった。基準輸入価格を設け、低価格品ほど関税を重くする「差額関税制度」を維持することで最終合意。低価格帯の肉にかける現行1キロ当たり482円の関税は、10年で50円にまで引き下げられ、(524円の分岐点価格より)高価格帯にかける4.3%の関税は撤廃されることになる。結局、TPPとほぼ同水準での合意となった。

近年、日本人にも馴染み深い食材となってきた生ハムは、 EU産のものが輸入シェアの多くを占める。

なかでも注目したいのは、中国の「金華火腿」、スペイン産の「ハモン・ セラーノ」と並び、いわゆる世界3大ハムと位置付けられる、イタリア・パルマ産の「プロシュット・ディ・パルマ」だ。

熟成庫でじっくりと時を待つパルマハム。ずらりと並ぶ光景は圧巻(写真:パルマハム協会提供)

近年、日本人にも馴染みが深く、オードブルとしても人気を博している。「生ハム食べ放題!」や、「スライス仕立てを提供します」といった独自のサービスで集客を工夫する飲食店も増えている。その生ハムには、現在8.5%の関税がかかっているが、初年度で4.3%に下がり、10年間で撤廃されることで大枠合意した。

次ページ生ハムにかける期待は大きい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。