「グルテンフリー」で注目される新食材の正体

じわり浸透する米国発「ソルガムきび」

ソルガムきびの原料。世界には2000以上の種類があると言われる(写真:中野産業)

アレルギーに悩む人は少なくないが、特にアレルギーを持つ子どもを持つ親にとって、毎日の食事の食材など、日々頭を悩ますことが多い。そのような中、一つの食材が注目されている。「ソルガムきび」だ。

ソルガムきびは、最近人気が高まっている「グルテンフリー」の食材の一つで、日本では「たかきび」と呼ばれている。食物繊維やミネラルが豊富で、最近では抗酸化作用も注目されている。世界的なテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手がコンディションを保つためのグルテンフリー食材の一つとして紹介し、アスリートから人気が広がった。

以前から知る人ぞ知る食材だった

米国が全世界の25%を生産していることもあり、米国内ではソルガムきびを使ったグルテンフリーのパンやケーキなどがつねに店頭に置かれているほど、消費者に浸透している。日本ではグルテンフリー食材としてはコメ粉が主流になっているが、幅広い食材を望む消費者が増えるなかでソルガムきびも選択肢の有力候補として浮上している。

実はソルガムきびは、アレルギーに悩む子どもを持つ親にとって、すでに十数年前から知る人ぞ知る食材だった。2000年ごろ、ソルガムきびは食物繊維がたっぷりで、コメや小麦アレルギーの人に安心な食材との報道がなされた後、「問い合わせが殺到した」と打ち明けるのは、製粉事業を手掛け、米国からの食材輸入も行う中野産業(香川県高松市)の中野恵子専務だ。同社は1999年ごろから、ソルガムきびを米国から輸入し販路を拡大してきた。

当初、酒原料やパン、スナック菓子の原料として売り込みを開始してきたが、日本初の食材の採用にメーカーは及び腰で販路開拓に苦労していた。ところが、「小麦アレルギーに安心」との報道が、道を切り開いた。「わが子にお菓子をつくってあげられる」との声を聞き、アレルギーに悩む子どもたちのためにと、ソルガムきびによる商品開発に本腰を入れ始めた。

「ソルガムきび粉をつかったレシピを提供する一方で、実際にどのように料理されているのか、顧客に取材していた」(中野氏)。アレルギーは、症状が人それぞれ。どんな食材とともに、どのように料理されているのか、アイデアを聞いて回ることから始めたという。

次ページマカロニの開発がきっかけだった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT