「グルテンフリー」で注目される新食材の正体

じわり浸透する米国発「ソルガムきび」

ソルガムきびの原料。世界には2000以上の種類があると言われる(写真:中野産業)

アレルギーに悩む人は少なくないが、特にアレルギーを持つ子どもを持つ親にとって、毎日の食事の食材など、日々頭を悩ますことが多い。そのような中、一つの食材が注目されている。「ソルガムきび」だ。

ソルガムきびは、最近人気が高まっている「グルテンフリー」の食材の一つで、日本では「たかきび」と呼ばれている。食物繊維やミネラルが豊富で、最近では抗酸化作用も注目されている。世界的なテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手がコンディションを保つためのグルテンフリー食材の一つとして紹介し、アスリートから人気が広がった。

以前から知る人ぞ知る食材だった

米国が全世界の25%を生産していることもあり、米国内ではソルガムきびを使ったグルテンフリーのパンやケーキなどがつねに店頭に置かれているほど、消費者に浸透している。日本ではグルテンフリー食材としてはコメ粉が主流になっているが、幅広い食材を望む消費者が増えるなかでソルガムきびも選択肢の有力候補として浮上している。

実はソルガムきびは、アレルギーに悩む子どもを持つ親にとって、すでに十数年前から知る人ぞ知る食材だった。2000年ごろ、ソルガムきびは食物繊維がたっぷりで、コメや小麦アレルギーの人に安心な食材との報道がなされた後、「問い合わせが殺到した」と打ち明けるのは、製粉事業を手掛け、米国からの食材輸入も行う中野産業(香川県高松市)の中野恵子専務だ。同社は1999年ごろから、ソルガムきびを米国から輸入し販路を拡大してきた。

当初、酒原料やパン、スナック菓子の原料として売り込みを開始してきたが、日本初の食材の採用にメーカーは及び腰で販路開拓に苦労していた。ところが、「小麦アレルギーに安心」との報道が、道を切り開いた。「わが子にお菓子をつくってあげられる」との声を聞き、アレルギーに悩む子どもたちのためにと、ソルガムきびによる商品開発に本腰を入れ始めた。

「ソルガムきび粉をつかったレシピを提供する一方で、実際にどのように料理されているのか、顧客に取材していた」(中野氏)。アレルギーは、症状が人それぞれ。どんな食材とともに、どのように料理されているのか、アイデアを聞いて回ることから始めたという。

次ページマカロニの開発がきっかけだった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。