医学部受験で「手を抜ける」大学の傾向と対策

「高難易度・高倍率・多科目型」をかわす裏技

私立は、基本的に入試日程が重複しなければ何校でも受験が可能となる。遠方の大学を併願する受験生も多い。

ただし、受験校の試験会場が大学所在地の近辺のみの場合は、その会場までの移動や前日からの宿泊が必要だ。つまり、「移動と宿泊の時間・体力・費用面の負担」がかさむということになる。

そこで遠方の大学については、「居住地の近くに(1次試験の)会場が設定されている大学を優先」して選ぶのが得策である。

難易度の高さにめげず挑戦を

この対応策の具体例(2018年度入試での実績)を紹介しよう。

東京都内の会場で受験可能な大学
金沢医科・愛知医科・藤田保健衛生・大阪医科・関西医科・兵庫医科・久留米・産業医科・福岡の各大学
大阪府内の会場で受験可能な大学
岩手医科・国際医療福祉・昭和・日本・東海・金沢医科・愛知医科・藤田保健衛生・福岡の各大学

このほかに、自治医科大は出願する都道府県を1つ選ぶシステムなので、「出身高校」または「本人または保護者の居住地」が所在するところで受験できる。

医学部の難易度が高いからといってあきらめず、このような方法を参考にして挑戦してほしい。次回(8月29日配信予定)も、合格に役立つ「裏技」を解説する。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT