夕食は「朝食から10時間以内」が望ましいワケ

深夜のヘビーな食事は体内時計を狂わせる

また、パンダの研究チームは2012年、マウスを使った実験を行った。同量の糖分の多い高脂肪食品を、一方のグループは24時間いつでも、もう一方のグループは1日のうち8時間以内に食べるようにした。すると、いつでも食事ができるグループはすぐに体重が増えて、脂肪肝や代謝障害が起きたのに対して、食事の時間を制限されたマウスにこうした異常は起きなかった。

この結果に関心を持ったピーターソンの研究チームは、前糖尿病患者の男性を対象に似たような実験をしてみた。第1段階では、5週間にわたり1日12時間以内に食事をしてもらった。第2段階では、同じ内容の食事を朝食から6時間以内に終わらせてもらった。

「夕食は貧者のようにとれ」は正しい?

すると6時間以内に食事を終わらせたときは、インスリン濃度や酸化ストレスが下がり、夜間に空腹を覚えることも少なく、血圧が大幅に下がった。最高血圧は約11ポイント下がり、最低血圧も10ポイント下がった。

とはいえ、早い時間に夕食をすませられないなら、抜いたほうがいいのかというと、必ずしもそうではない。ただ、夕食を比較的軽めにすますことには意味がありそうだ。イスラエルのある研究では、過体重の成人がしっかりした朝食をとり、ランチは簡単に済ませ、夕食は控えめにしたところ、反対(少なめの朝食に、しっかりした夕食)の人たちよりも体重減が大きく、血糖値とインスリンが低下するなど、心臓病のリスク要因が大きく改善したという。

つまり古い格言は正しかったということだと、ピーターソンは言う。「朝食は王様のように、昼食は王子のように、夕食は貧者のようにとれ」。

(執筆:Anahad O'Connor記者、翻訳:藤原朝子)

© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?