トルコは通貨リラ安を速やかに阻止するべき

格付け会社フィッチが最安値更新に対し警告

 8月9日、有力格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト、ポール・ギャンブル氏は、トルコ当局は速やかに通貨リラ安を阻止する必要があるとの見解を示した。写真はリラ紙幣。イスタンブールで2日撮影(2018年 ロイター/Murad Sezer)

[ロンドン 9日 ロイター] - 有力格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト、ポール・ギャンブル氏は9日、トルコ当局は速やかに通貨リラ安を阻止する必要があるとの見解を示した。先月の格下げ以降、トルコ経済の状況は悪化していると警告した。

米国人牧師の拘束を受け、米国はトルコへの制裁を検討。インフレやトルコ当局の全般的な経済運営失敗に対する懸念も相まって、リラは過去最安値を更新している。

ギャンブル氏は、「現状に注意を払っている。先月トルコの信用格付けをBBに引き下げて以降、市場の地合いは一段と悪化した」と指摘。「主な下押し圧力は通貨安だ」と分析、トルコ当局が年初来で30%安、ここ1カ月でも約10%安となっているリラに対し、どのように対処するか注視していると語った。

その上で同氏は、トルコ中銀の措置と米国との関係改善で、リラ安圧力は短期的に緩む可能性があると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT