トルコは通貨リラ安を速やかに阻止するべき

格付け会社フィッチが最安値更新に対し警告

 8月9日、有力格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト、ポール・ギャンブル氏は、トルコ当局は速やかに通貨リラ安を阻止する必要があるとの見解を示した。写真はリラ紙幣。イスタンブールで2日撮影(2018年 ロイター/Murad Sezer)

[ロンドン 9日 ロイター] - 有力格付け会社フィッチ・レーティングスのシニアアナリスト、ポール・ギャンブル氏は9日、トルコ当局は速やかに通貨リラ安を阻止する必要があるとの見解を示した。先月の格下げ以降、トルコ経済の状況は悪化していると警告した。

米国人牧師の拘束を受け、米国はトルコへの制裁を検討。インフレやトルコ当局の全般的な経済運営失敗に対する懸念も相まって、リラは過去最安値を更新している。

ギャンブル氏は、「現状に注意を払っている。先月トルコの信用格付けをBBに引き下げて以降、市場の地合いは一段と悪化した」と指摘。「主な下押し圧力は通貨安だ」と分析、トルコ当局が年初来で30%安、ここ1カ月でも約10%安となっているリラに対し、どのように対処するか注視していると語った。

その上で同氏は、トルコ中銀の措置と米国との関係改善で、リラ安圧力は短期的に緩む可能性があると述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?