「団塊ジュニア」がこれから迎える憂鬱とは?

親の介護リスクや自らの年金減額の苦労も

(単位万円)

利回り 15年 20年 30年
0.01% 540.4 720.7 1081.6
1% 582.3 796.7 1258.9
2% 629.1 884.4 1478.2
3% 680.9 984.9 1748.2
4% 738.3 1100.3 2082.1
5% 801.9 1233.1 2496.8

※金融庁資産運用シミュレーションにより試算

預貯金だけの場合と資産運用した場合で考えてみると、大きな開きが出てきます。

ちなみに、過去20年間の運用実績で見ると、国内、先進国、新興国の債券と株式に分散投資した場合は79.9%、国内の債券と株式に分散投資した場合は38%も元本が増加しています。資産運用のリスクを抑える方法として、長期、分散、積立が効果的といわれています。確定拠出年金とつみたてNISAはリスクを抑えながら、さらに非課税運用できるというメリットがあります。

早く始めれば始めるほどメリットがある

ご自身の目標を明確にし、この2つの制度を使うのがお勧めです。両方とも期限があります。確定拠出年金は60歳まで、つみたてNISAは2037年までです。特に、つみたてNISAは今年始まったばかり、長く非課税を使うためにはなるべく早く始めることです。

確定拠出年金は企業年金がない会社員なら2万3000円、自営業の人なら6万8000円の枠を使うことができます。そしてつみたてNISAは年間40万円まで積み立てできます。

なんとなく不安を感じているよりも、こうした制度を活用して、楽しい未来を描いてみるのもいいのではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。