暑さに負けて出費する「猛暑貧乏」を防ぐコツ

ついカフェで涼む、つい外食に頼る…

お得に水分補給するコツもチェックしておきたい。

筆者の場合は、まずマクドナルドを探すことが多い。なぜならdポイントが使えるからだ。ドコモユーザーであるため、毎月の利用料金に応じ1%(ゴールドステージの場合は10%)が貯まっている。このポイントを使ってドリンクを注文すればいい。マックでは同様に楽天ポイントも使える。楽天のポイントを使ってお茶が飲めるのは、マックだけでなくプロントやミスタードーナツも同様だ。

ドトールコーヒーやエクセルシオールカフェ、ロッテリアならTポイントが、ケンタッキーフライドチキンならPontaが、ドリンク代として使える。これらの共通ポイントは、すべてスマホアプリがあるので、財布にプラスチックカードを入れておく必要はない。しかもアプリ上では、ポイントの残高が今いくらかが表示されるので、お茶が飲める程度のポイントがあるかどうかは一目瞭然。手持ちの共通ポイントが使えるカフェやファストフードがどこなのかをおさらいしておくと、うっかり支出を減らすことに大いに役立つだろう(未対応の店舗もあるので注意を)。

イートインスペースという選択肢

近年、弁当派が復権している気がする。弁当男子という言葉もできたくらいなので、弁当を会社に持参する男性も少なからずいるだろう。しかし、この暑さでの弁当は、食中毒なども不安だ。

そんな中、弁当は買うこととし、商業ビルやデパートのフードコートやイートインスペースを利用するという手もある。丸の内界隈では販売されている弁当や軽食を買ってきて、その場で食べられるスペースを確保しているビルは多い。丸ビルやKITTEなどが代表的だ。

暑い夏は家で調理したくないという声も多いので、デパートやスーパーでもそれに対応した動きが進んでいる。東京都内では、大井町のイトーヨーカドーが2月にフードコートを大規模リニューアルし、142席もの「オオイチマチ ダイナー」として生まれ変わった。すぐ横の惣菜売り場で売っているパンや弁当を買って、その場で食べることができる。さらに無料Wi-Fiの7SPOTが利用できるうえ、100円コーヒーのセブンカフェまであるので、至れり尽くせりだ。

大阪梅田のファッションビルLUCUA osakaも4月に「LUCUA FOOD HALL」(ルクアフードホール)をオープン、購入した商品がその場で食べられる飲食スペースを設置した。働く女性や単身者・高齢者の増加とともに、こうしたスタイルはさらに増えていくと考えられる。ビジネスでよく行くエリアにデパートやスーパーがあるようなら、イートインスペースを設置していないかチェックしてみよう。

この暑さはいつまで続くのか。やっと涼しくなったころには、懐も同じく涼しくなっていた――などということがないように、どうかご用心を。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT