本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

温暖化、食料・水不足など、私たちの命とかかわるさまざまな問題が噴出している。自然や人体のユニークな観察で知られる解剖学者の養老氏が、現場を「五感で知る」人と、解決策を考えようと行った対談。相手は治山・治水行政に携わり、文明論の著述でも知られる元役人の竹村氏だ。

「温暖化対策に金をかけても無意味」「国が小さくなるのは、いいことが多い」「医学をはじめ世の中の問題の大半には解がない」など、常識とは違う発想が示される。問題の答えを養老氏は「分からない」とするが、五感を駆使しながら物事を広くとらえる「博物学」、そして情報だけではなく「モノを基準にする発想」が、解決策を見つける考え方ではないかと提案する。

PHP新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT