本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

本質を見抜く力 環境・食料・エネルギー 養老孟司、竹村公太郎著

温暖化、食料・水不足など、私たちの命とかかわるさまざまな問題が噴出している。自然や人体のユニークな観察で知られる解剖学者の養老氏が、現場を「五感で知る」人と、解決策を考えようと行った対談。相手は治山・治水行政に携わり、文明論の著述でも知られる元役人の竹村氏だ。

「温暖化対策に金をかけても無意味」「国が小さくなるのは、いいことが多い」「医学をはじめ世の中の問題の大半には解がない」など、常識とは違う発想が示される。問題の答えを養老氏は「分からない」とするが、五感を駆使しながら物事を広くとらえる「博物学」、そして情報だけではなく「モノを基準にする発想」が、解決策を見つける考え方ではないかと提案する。

PHP新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。