台湾スイーツ「豆花」が新宿に上陸したワケ

「ミロード」リニューアルに合わせ日本初出店

新宿の駅ビル「ミロード」にオープンした台湾スイーツ「騒豆花(サオドウファ)」(編集部撮影)

美食の国、そして親日の国として日本からの観光人気も高い台湾。その台湾をルーツとするスイーツの新店「騒豆花(サオドウファ)」が、7月13日にオープンした。騒豆花は、台湾では行列ができる有名店。新宿の駅ビル「ミロード」の7、9階レストランフロアリニューアルに合わせ、初めての日本出店となった。

一押しメニューのマンゴースイカ豆花、1380円(編集部撮影)

今回の新店舗の一押しメニューは、店名にもなっている豆花(トウファ)というスイーツだ。原料は大豆で、豆腐に似ているので、一見したところは日本人にもなじみやすい。ただし実際に味わってみると、豆乳をさらにいがらっぽくしたような味があり“子どもからお年寄りまで”という親しみのあるおいしさではない。これはつまり大豆の風味がしっかりしているということだ。最初は鼻につくかもしれないが、慣れると何度も食べたくなる。美容や健康にも良さそうなので、女性からの支持が高いスイーツだ。

見た目にも華やかな新しいスイーツを提供

伝統的な豆花の原料は基本、豆と水だけ。シンプルだからこそ、微妙な味わいを出すのが難しい。騒豆花では原料の大豆や水にこだわって、本場の味を再現。そして豆花に、フルーツを組み合わせて華やかにアレンジしている。定番のイチゴ、バナナのほか、季節ごとにマンゴーやスイカなどを使った限定商品を提供する。

日本での運営は、日本でのマスターフランチャイズ権を有しているフークルが担う。フークルはほかに、5年前よりアメリカ発祥の「オリジナルパンケーキハウス」を国内で8店舗展開。アメリカでは65年前に創業し、約150店舗を展開する一大チェーンだ。

次ページ騒豆花とは“運命的な出合い”だった
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。