台湾スイーツ「豆花」が新宿に上陸したワケ

「ミロード」リニューアルに合わせ日本初出店

マンゴーはもちろん冷凍でなくフレッシュなものにこだわっているため、8月末ぐらいまでの季節限定となる。また、定番メニューの「バナナ豆花」(980円)にも、入手できる時期には台湾バナナを使っているそうだ。

ピーナッツ豆花(温)580円(写真:フークル)

また、ピーナッツや小豆、黒ごまのシンプルな豆花はもっと親しみやすい価格で、580円から780円となっている。こちらのほうが台湾の伝統的な豆花に近く、また温めて提供できるものもある。フルーツの豆花がパフェ的なハレの日のスイーツなら、シンプルな豆花は日常のおやつと言えそうだ。豆花を毎日でも食べたい、という人なら、こちらを好むかもしれない。

騒豆花は日本に初上陸だが、実は豆花というスイーツ自体は、すでに日本には紹介されており、専門で提供している店舗も何店かある。500円程度のベース豆花に、好きな具材をトッピングして楽しめる店もあるようだ。

2号店以降の店舗展開は?

フークルのような企業が現地の人気店と契約してマスターフランチャイズ権を取得したとなると、より大きな規模で展開することが予測される。とはいっても、パンケーキの店については5年間で8店舗なので、着実な店舗展開を行う企業なのだろう。「今はまずこの店でしっかりお客様に価値を伝え、その反応を見てみたい。2号店以降についてはまだ考えていない」(小峯氏)とのことだが、もしこの店舗が成功すれば、同店だけでなく豆花というスイーツがジャンルとしてより広まっていくかもしれない。豆花は日本に紹介されてきた他のスイーツと異なり、味として新しい。また大豆食品でヘルシーという魅力もある。味の再現が難しいのが難点だが、本格的なものでなければ、家庭でも似たようなものはできるらしい。「アサイー」のように、豆花が席巻する日が来るのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。