できそこないの男たち 福岡伸一著

できそこないの男たち 福岡伸一著

著書『生物と無生物のあいだ』でサントリー学芸賞を受賞した分子生物学者が、性をめぐる科学を考察する。

精子を顕微鏡でのぞくと小さな人間がいるという「ホムンクルス」から始まり、遺伝子中のX染色体・Y染色体の発見、DNAの解析、そして、男性化を決定づけるSRY遺伝子の特定に至るまでの歴史を紐解く。本来、すべての生物は雌として発生する。人間も同じで、胎児は受精後7週間目まではすべて女性であり、その後プログラムを男性へと分岐させるスイッチとしてSRY遺伝子が働くという。その過程で負荷がかかるために、男性のほうが寿命が短く、病気への罹患率も高いと説くなど、刺激的な論考を展開している。

光文社新書 861円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT