できそこないの男たち 福岡伸一著

できそこないの男たち 福岡伸一著

著書『生物と無生物のあいだ』でサントリー学芸賞を受賞した分子生物学者が、性をめぐる科学を考察する。

精子を顕微鏡でのぞくと小さな人間がいるという「ホムンクルス」から始まり、遺伝子中のX染色体・Y染色体の発見、DNAの解析、そして、男性化を決定づけるSRY遺伝子の特定に至るまでの歴史を紐解く。本来、すべての生物は雌として発生する。人間も同じで、胎児は受精後7週間目まではすべて女性であり、その後プログラムを男性へと分岐させるスイッチとしてSRY遺伝子が働くという。その過程で負荷がかかるために、男性のほうが寿命が短く、病気への罹患率も高いと説くなど、刺激的な論考を展開している。

光文社新書 861円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT