強欲資本主義 ウォール街の自爆 神谷秀樹著

強欲資本主義 ウォール街の自爆 神谷秀樹著

「合法」であれば手段を選ばない。そんなカネ儲けをまったく恥ずかしいと思わないヤカラばかりがウォール街に集まってくる。巨大投資銀行部門を作ろうとして、人材を大量に採用する。同業他社を出し抜いて大きくなろうとする。そして、いったんは旨みを味わえるが、バブルの破裂の直撃を受けて結局は大損をする。その後はお決まりのリストラだ。

投資銀行部門の廃止、もしくは縮小と大量解雇。この繰り返し。ベアー・スターンズ破綻後3カ月半で、経済犯として訴追されている人間は400人という。だからといって身ぐるみはがされた投資家を私は知らない。

ウォール街に20年余身を置く投資銀行経営者が見聞きしたあこぎなビジネスの数々。

文春新書

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。