強欲資本主義 ウォール街の自爆 神谷秀樹著

強欲資本主義 ウォール街の自爆 神谷秀樹著

「合法」であれば手段を選ばない。そんなカネ儲けをまったく恥ずかしいと思わないヤカラばかりがウォール街に集まってくる。巨大投資銀行部門を作ろうとして、人材を大量に採用する。同業他社を出し抜いて大きくなろうとする。そして、いったんは旨みを味わえるが、バブルの破裂の直撃を受けて結局は大損をする。その後はお決まりのリストラだ。

投資銀行部門の廃止、もしくは縮小と大量解雇。この繰り返し。ベアー・スターンズ破綻後3カ月半で、経済犯として訴追されている人間は400人という。だからといって身ぐるみはがされた投資家を私は知らない。

ウォール街に20年余身を置く投資銀行経営者が見聞きしたあこぎなビジネスの数々。

文春新書

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT