臨床瑣談 中井久雄著

臨床瑣談 中井久雄著

精神科医として著名な著者による専門外の場での体験談と助言は「瑣談(さだん)」どころか貴重かつ味わい深い。

「院内感染に対する患者の自衛策」は、院内はもとより日常生活における自衛策としても役立つだろう。「昏睡からのサルヴェージ作業の試み」は、瞳孔への光の刺激、足の裏のくすぐり、耳元でのささやきなどにより昏睡状態の肉親がいったんは元気になる話。「ガンをめぐる助言」と「丸山ワクチン私見」はガンについての哲学的ともいえる洞察とともに、丸山ワクチンとかかわってきた臨床体験が詳細に述べられる。

内科的知識と経験の豊かさには敬服させられるが、それが謙虚に、しかし説得力をもって語られる。その知見は思想的でさえあって未病や治療を考え、上手に生きるためのヒントが豊富にある。語り口は平易だし、肉親や友人の臨床例が盛んに登場するので重い話も軽く読ませる。このテーマで読書の楽しみも堪能できるとは嬉しい。(純)

みすず書房 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT