バイキング料理が60年前日本で誕生した理由

食べログでバイキング料理の「今」を分析

次に、価格帯別で見てみよう。昼の利用金額としては、1,000円台がいちばん多い。外食ランチ予算は「700~1,000円」が52.8%(食べログ「ビジネスパーソンのランチ事情」調査結果)なので、満腹感を味わうために費用も高めになったのであろう。なお、利用金額には単品オーダーも含まれるので、あくまで参考値としてご理解いただきたい。

夜の予算はどうか

一方、夜の利用金額では、2,000円と3,000円台が多い。思ったよりはリーズナブルだ。アルコール類をあまり頼まなければ、懐にもやさしいようだ。たとえば、中華料理のバイキングでは、3,000円台が多い。逆をいえば、3,000円台で作れるバイキング・メニューを構成して、お得感を演出している。

余談だが、バイキングで少しでもたくさん食べたいなら、開始20分が勝負だろう。食事を始めて20分程度で脳内の満腹中枢が働くと言われているからだ。また、咀嚼することでも、満腹中枢は刺激されるという。

ただ、急いで食事をかきこんでいては、バラエティ豊かな料理を満喫できないというジレンマがある。そもそも、バイキングとは北欧の海賊が仲間と船上で楽しむ宴が起源だ。日本でもそれに倣い、仲間との美味しいひとときを楽しむものにしてはどうだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。