日立、4─6月期の調整後営業利益は過去最高

「米中貿易摩擦の直接的な影響は軽微」

 7月27日、日立製作所は、2018年4─6月期(国際会計基準)の調整後営業利益が前年比12.4%増の1481億円になったと発表した。建設機械や社会・産業システム、情報・通信システムなどがけん引し、4─6月期として過去最高を更新した。写真は都内で2012年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 日立製作所<6501.T>は27日、2018年4─6月期(国際会計基準)の調整後営業利益が前年比12.4%増の1481億円になったと発表した。建設機械や社会・産業システム、情報・通信システムなどがけん引し、4─6月期として過去最高を更新した。

会見した西山光秋・最高財務責任者(CFO)は「良い形にある。このペースをきちっと保って第2四半期以降も情報・通信と社会・産業の収益性の改善を継続していきたい」と語った。

売上高に当たる売上収益は前年比3.7%増の2兆1658億円だった。

通期予想は据え置いた。営業利益予想は前年比4.9%増の7500億円で、トムソン・ロイターがまとめたアナリスト17人の予測平均値7602億円をやや下回っている。

西山CFOは米中貿易摩擦の影響について「直接的な影響は軽微」としたが、「経済全般への影響はあると思っており、状況を注視していきたい」と警戒感も示した。

 

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT