アメリカ農家がやはり「トランプ支持」なワケ

大型支援策で「約束を守る男」に期待高まる

昨年6月、アイオワ州で演説するトランプ大統領。「コーンベルト」の中心である同州には熱狂的な支持者が多い(写真:ロイター/アフロ)

7月26日(日本時間27日)、トランプ大統領はアイオワ州で大規模な集会を行う。そのタイミングで打ち出されたのが、通商摩擦の影響で損害を受けた農家への支援策だ。最大で120億ドル(約1兆3000億円)という大型の支援策によって、やや陰りを見せていたアメリカ農家のトランプ人気が、再び高まりそうだ。

ジャーナリストが語る農家の実態

2016年秋の大統領選挙の際、アメリカの農家がトランプ氏を熱烈に支持したことはよく知られている。ただ最近ではその支持に陰りが見え始めていた。

中国から高関税を課されていた大豆などの相場が急落し、農家の懐を直撃していたからだ。日常的に農家と接するアメリカの農業ジャーナリスト10人に7月中旬、農家のトランプ支持の動向を聞くと、ほぼ全員が「大統領選挙時に比べて低下傾向にある」と答えた。

『プログレッシブ・ファーマー』編集長のグレッグ・ヒリヤーさん(写真:筆者提供)

それでも、農家にとってトランプ大統領は特別な存在のようだ。ジャーナリスト10人が考える農家のトランプ支持率は、最低が43%で最高が80%。平均すると63%だった。全米のトランプ大統領の支持率が45%(7月に行われた米ウォールストリート・ジャーナル紙の世論調査)であることを考えると、依然高い支持率といえる。

いくつかの回答を紹介しよう。大手農業雑誌『プログレッシブ・ファーマー』編集長のグレッグ・ヒリヤーさん(61)は農家のトランプ支持率を「70~75%」と指摘したうえで、次のようにトランプ熱の高さを解説した。

次ページワイルドなトランプに夢中
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。