市場がついにトランプ大統領を見捨て始めた

日本も米国も、関心は徐々に企業の収益へ

トランプ大統領は次から次へと市場に材料を投下し続ける。だが市場はそろそろトランプ大統領を見捨て始めたかもしれない(写真:ロイター)

米国のドナルド・トランプ大統領の政策や言動は、称賛に値する。世界の市場や世論を混迷させる材料をこれほどまでに投下し続けながら、まったく材料が尽きない。さらに続けざまに投下している。この能力は、開いた口がふさがらないほどの素晴らしさだ。

米国で湧き上がるトランプ大統領への批判

最近のニュースの見出しが、もし「大統領 利上げに不満」となっていたら、読者はおそらくトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領のことだと思っただろう。エルドアン氏は「中央銀行に独立性などない」、というそぶりで、国内景気を持ち上げ自分の支持率を高めるために、中央銀行は利下げでもして自分を支えろ、といったような主張を繰り返してきたからだ。

実際の見出しは「米大統領」あるいは「トランプ大統領」となっているため、そうした誤解は生じなかったが、トランプ大統領の金融政策への「口先介入」をもって、米国の政治がトルコ並みになった、という主張をする人がいれば、トルコに失礼だろう。

トランプ大統領の迷走ぶりという点では、市場への影響は薄かったが、ウラジミール・プーチン大統領との米ロ首脳会談を巡ってのどたばたが挙げられる。首脳会談時はロシアによる大統領選挙への介入はなかったという主旨の発言を行なったが、米国内での非難が轟轟だったため、翌日には「notを一つ入れるのを忘れただけだ」という、誰も思いつかない独創的な言い訳を繰り出して、正反対の方向に修正した。

米国内で懸念が広がっているのは、この「前言撤回」だけではない。米ロ首脳会談全般について、どうもロシアに操られているだけではないか、という印象がぬぐえないからだ。

次ページアメリカファーストではなくロシアファースト?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT