アマゾン、プライムデーで1億超の商品販売

「エコー」は大幅な値引きが奏功してバカ売れ

7月18日、米アマゾン・ドット・コムは今週開催した「プライムデー」で、全世界で1億個を超える商品を販売したと明らかにした。写真は4月20日、印ベンガルールで撮影(2018年 ロイター/Abhishek N. Chinnappa)

[18日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは18日、今週開催したプライム会員を対象とする36時間セール「プライムデー」で、全世界で1億個を超える商品を販売したと明らかにした。

アマゾンによると、今回のプライムデーの売上高は前年のプライムデー、年末商戦のネット通販セール「サイバーマンデー」や「ブラックフライデー」を上回った。

一番の売れ筋商品は、「FireTVスティック」とスマートスピーカー「エコードット」だった。とりわけ「エコー」シリーズは大幅な値引きが奏功し、1日の売り上げとしては過去最高となった。

その他、インドでの人気商品は食卓塩、シンガポールではコカ・コーラの「コークゼロ」やクリネックスティッシュ、中国では電動歯ブラシだった。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、マーク・マハニー氏は、今回のプライムデーの売上高は15億─20億ドルと予想。

ムーディーズのアナリスト、チャールズ・オシェア氏は「アマゾンの大規模な支出を踏まえれば、いずれの時点であれ売上高が前年の水準を大幅に上回ると想定することは行き過ぎではない」とし、「現在の事業環境における課題は引き続き利益率と収益性の押し上げだ」と指摘した。

接続障害によって、一時セールサイトへのアクセスや注文ができない状態が発生したが、その影響に関する詳細は発表していない。アナリストによると、接続障害は少なくとも2時間続いたという。

アマゾンの株価はこの日、1858.88ドルまで上昇し、過去最高値を更新。時価総額は初めて9000億ドル台に乗せた。その後はほぼ変わらずで推移している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。