アマゾン、「プライムデー」開催中に接続障害

一部利用者は注文ができない状況に

 7月16日、ネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムは、同社サイトで発生した接続障害の解決に向けて取り組んでいると表明した。写真は同社のロゴ。サンパウロで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Paulo Whitaker)

[16日 ロイター] - ネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は16日、同社サイトで発生した接続障害の解決に向けて取り組んでいると表明した。この日は有料会員向け特売イベント「プライムデー」が始まったが、一部利用者は注文ができない状況となっている。

株価は米株式市場引け後の時間外取引で1%超下落。

アマゾンは文書で、多くの利用者は問題なく注文ができていると説明した。

ストライキも発生

[フランクフルト(ロイター)]-アマゾン最大の販促イベント「プライムデー」に合わせ、ドイツ国内のアマゾンの物流倉庫に数千人規模の労働者が出勤しなかった。

ヴェルディサービスユニオンは、世界最大のオンライン通販会社が運営する物流倉庫における労働条件の改善を求めている。

「私たちの発しているメッセージはクリア。オンラインの巨人は大金持ちになった。それを支えた多くの労働者も報われるべきだ」 とベェルディのステファニー・ナッツェンバーガー氏は言う。

次ページスペインの労働者も参加
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。