あなたを農奴化して搾取する「四騎士」の正体

彼らは世界をどのように創り変えたのか

4人の騎士たちは何を目指しているのだろうか?(画像:Four Horsemen of Apocalypse, by Viktor Vasnetsov. Painted in 1887)

ウォールストリートでは、「GAFA(ガーファ)」や「FAANG(ファーング)」などといった言葉が流通する。「GAFA」はテクノロジーの巨人であるGoogle、Amazon、Facebook、Appleの頭文字をまとめた言葉で、「FAANG」はNetflixの「N」が追加された場合の呼び方だ。

『the four GAFA - 四騎士が創り変えた世界』は7月27日発売予定です(画像をクリックすると特設サイトにジャンプします)

これらの企業によって、コミュニケーション、金融、健康、購買、知識、教育、そしてエンターテインメントが支配され、我々の生活を大きく変化させてきた。しかも、意識せず、当たり前のように、あるいはいつの間にか変化し、もはやそこから逃れられなくなっている我々にハッとさせられるのだ。

東洋経済新報社から日本語訳として出版される『the four GAFA - 四騎士が創り変えた世界』は、世界のビジネススクール教授100人にも選ばれたスコット・ギャロウェイによる著書。同氏はニューヨーク大学スターン経営大学院教授で、MBAコースにおけるブランド戦略とデジタルマーケティングの教鞭を執る。また、9回もの起業を経験するシリアル・アントレプレナーでもある。

ギャロウェイ教授の言語化能力が凄い

同書では、テクノロジー企業が操る我々人間の「感情」や「本能」にフォーカスし、この20年間、我々がいかに翻弄されてきたのかを著している。ここに書かれていることは、現代我々が普通に生活している中で浸かっているテクノロジーの裏側に迫るものだ。

筆者は7年間アメリカ西海岸で生活し、GAFAの影響が最も顕在化してきた時期を目の当たりにしてきた。そのため、『the four GAFA - 四騎士が創り変えた世界』のページをめくるたびに、深層心理で気づいていたことが、次々に言語化されていくような感覚を覚えた。

次ページ実感するアマゾンの神話
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。