北朝鮮と米国の交渉は異常事態に陥っている

米国の2つのチームが北朝鮮と別々に交渉

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官(左端)と金英哲朝鮮労働党副委員長(右端)。この協議は混乱状態にある(写真:Andrew Harnik/Pool via Reuters)

「進展があった」と、マイク・ポンペオ米国務長官は訪朝後、東京でこう明言した。ポンペオ国務長官は平壌での2日間(7月6日と7日)にわたる会談後に訪れた日本と韓国の外相に対し、北朝鮮の「十分に検証された完全な非核化に向けた次の段階について、詳細にわたり内容のある議論があった」と強調した。

しかし、このほんの数時間後、北朝鮮の外務省は会談について詳細な声明を発表し、進展についての話をすべて退けた。それどころか北朝鮮は、6月シンガポールで金正恩・朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領の間で達した合意を撤回しようとしたと米国を非難した。

ポンペオ会談で露呈した「大問題」

本当のことを語っているはどちらだろうか。「北朝鮮の方が、トランプ政権よりはるかに透明性がある」と、つい最近トランプ政権を去るまで北朝鮮担当特別代表を務めたジョセフ・ユン氏は話す。「私がポンペオだったら、この声明にいい気持ちはしない」。

この会談後に出された対決するような声明でさらにもう一度露呈したが、「非核化」という言葉を使う際に意味することについて、米国と北朝鮮の間に明確な隔たりがあることは、多くが指摘している。

しかしもう1つ、直近の会談で一層ハッキリとあらわになった問題がある。それは、米国と北朝鮮の間で事実上2つの交渉が行われてきたことにある。1つは、政権内部の専門家、国務省や国防総省、中央情報局 (CIA) 、国家安全保障会議 (NSC)の当局者が担ってきた。もう1つはトランプ大統領自身が行ってきた交渉である。ポンペオ国務長官は、これらの協議において、非常に政治化されているものの、唯一の橋渡し役なのである。

「国家安全保障の官僚組織は、通常通りのことをしている」と、元国務省の官僚で長年北朝鮮との交渉担当だったエヴァンズ・リヴィア氏は話す。「書類を準備し、会議を開き、味方を力づける。しかし、国家安全保障の意思決定過程にはほとんど、あるいはまったくトランプ政権とつながりがない」。

この断絶は、シンガポールでの首脳会談に向けた準備を開始したときからあった。この準備に関わった高官の1人によれば、協議に向けた準備のため、核兵器や検証、制裁、両指導者が発表する共同声明の交渉戦略などの課題を扱う委員会が4、5種類立ち上げられた。しかし、首脳会談の1カ月前、これらの準備はトランプ大統領に伝わっていなかった。

次ページトランプ大統領を抑える努力は無駄に終わった
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。