財政の「ゆでガエル状態」は、どれだけ危険か

最後は増税しても社会保障費削減の悪夢に

問題なのは、PB黒字化を達成できなかったこれまでの計画と同様、今回の計画も楽観的な経済見通しを前提としていることだ。このため、多くの経済学者は、新計画でも目標を達成できそうにないと見ている。また、「黒字化の目標が設定された2025年度までは、消費税率を10%超にする議論すらできないかもしれない」(東京財団政策研究所の森信茂樹研究主幹)との指摘もある。

では今後、実際の日本財政はどのような経路(パス)を描くのか。これについて参考となるのが、財政試算で示されたもう一つの「ベースラインケース」の試算値だ。「ベースラインケース」とは、足元の潜在成長率並みの経済成長を前提とするもので、中期的な経済成長率は実質1.2%程度、名目1.7%程度。「成長実現ケース」より現実的な想定となっている。

2018年2月22日の東洋経済オンライン記事「安倍政権の財政推計はやはり『粉飾』に陥った」で論じたように、過去の財政試算とPBの実績値を比較すると、実は「ベースラインケース」での試算値ですらPBの実績値より楽観的な数値だった年が多かったのが実態だ。そのため、今回の「ベースラインケース」でも多少楽観的となる可能性は高い。だが、ほかに材料がないため、ここではこれを基に将来の日本の財政を占ってみる。

では、「ベースラインケース」が示す日本の財政の将来像を見ていこう。

PBは2017年度に対名目GDP(国内総生産)比マイナス2.9%だった。「ベースラインケース」の予想ではこの赤字は今後、緩やかに縮小するものの、政府の黒字化目標の2025年度でもマイナス1.3%と赤字が残る見通し。旧計画で黒字化目標年だった2020年度のPBについて、今回の財政試算では、マイナス1.5%が見込まれている。2025年度のPBも、実際には「ベースラインケース」並みの1%台の赤字となる可能性は低くないだろう。

物価が上がらず、長期金利は低いままの前提

もう一つの重要指標である公的債務等残高(対名目GDP比)に注目していこう。公的債務等残高は、国・地方が抱える借金のストックを示しており、これが制御不能の形で一方的に増えていくことを「発散」と言い、事実上の財政破綻の状態に近いと考えられる。

今回の財政試算では、足元の潜在成長率や物価上昇ペースが鈍化したことにより、前回試算に比べ、前提となる経済成長率は若干下方修正されている。これは、公的債務等残高(対名目GDP比)が上昇する要因になるはずだが、実際の試算値はむしろ引き下げられている。その秘密は長期金利の引き下げにある。

次ページゆでガエルの危機はいつ来るのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。