東名「大和トンネル」がいつも渋滞する理由

自然に誘発してしまうメカニズムがある

拡幅工事中の大和トンネル(2017年筆者撮影)

間もなく楽しい夏休み。レジャーと帰省の利用者が重なる8月の上中旬は、高速道路にとっては1年で最も混雑が集中する期間で、私たち利用者はどうやって渋滞を避けるかスケジューリングに頭を悩ませる時期でもある。あらためて高速道路の渋滞事情について考えてみたい。

トンネル、“サグ”、合流…渋滞の原因はさまざま

一般の道路であれば、渋滞の原因はわかりやすい。事故や道路工事による車線の減少・交互通行などを除けば、交差点や信号が渋滞の先頭になることが多いからだ。そこを通り過ぎるときに、「あー、この交差点がネックだったんだ」と得心することがよくある。高速道路でも、かつては料金所がネックで渋滞となることが多かったが、ETC(自動料金収受システム)の普及で料金所の通過時間が劇的に短縮されたため、料金所渋滞は滅多に聞かなくなった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし、これだけ全国の高速道路のネットワークが整備されても、渋滞は一向になくならない。国土交通省のデータによれば、昨年(2017年)のお盆期間(8月5~16日)に10km以上の渋滞が発生した回数は前年より37回多い532回、最長は8月11日の東名高速道路の下り都夫良野トンネルで記録した65.8kmと、絶望的な長さであった。

もちろん、その根本原因は特定の区間に車が集中することにある。全国の高速道路で最も通行量が多いのは、東名横浜町田IC~海老名JCT(ジャンクション)だが、この区間には渋滞情報の常連である「大和トンネル」「綾瀬バスストップ」「海老名サービスエリア」が連続するとともに、渋滞を増幅する原因も集中する。

(出所)国土交通省「神奈川県東名軸渋滞ボトルネック検討WG」第1回資料
次ページ東名は合流地点が多い
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。