ブラジルに逆転勝ち、ベルギー32年ぶり4強へ

1986年のメキシコ大会以来

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は勝利を喜ぶベルギーの選手たち(2018年 ロイター/Sergio Perez)

[カザニ(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。

ベルギーは前半13分にコーナーキックからブラジルのフェルナンジーニョによるオウンゴールで先制に成功。同31分にはカウンターアタックでロメル・ルカクのラストパスからケビン・デブルイネがゴールを奪い、2点リードとした。ブラジルは後半31分にレナト・アウグストのゴールで1点を返したが、反撃も及ばなかった。

ベルギーはこの勝利で、1986年メキシコ大会以来32年ぶりとなる4強進出を決めた。

ベルギーのロベルト・マルティネス監督は試合後、「ブラジルは大会で最強のチームであり、オープンな展開にすれば脅威だった。90分間、しっかりとした守備が必要だった」とし、ベルギーのプレーは先に進むに値したとコメント。「この瞬間、私は地球上で最も誇らしい気持ちでいる存在だ」と胸を張った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。