ブラジルに逆転勝ち、ベルギー32年ぶり4強へ

1986年のメキシコ大会以来

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は勝利を喜ぶベルギーの選手たち(2018年 ロイター/Sergio Perez)

[カザニ(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。

ベルギーは前半13分にコーナーキックからブラジルのフェルナンジーニョによるオウンゴールで先制に成功。同31分にはカウンターアタックでロメル・ルカクのラストパスからケビン・デブルイネがゴールを奪い、2点リードとした。ブラジルは後半31分にレナト・アウグストのゴールで1点を返したが、反撃も及ばなかった。

ベルギーはこの勝利で、1986年メキシコ大会以来32年ぶりとなる4強進出を決めた。

ベルギーのロベルト・マルティネス監督は試合後、「ブラジルは大会で最強のチームであり、オープンな展開にすれば脅威だった。90分間、しっかりとした守備が必要だった」とし、ベルギーのプレーは先に進むに値したとコメント。「この瞬間、私は地球上で最も誇らしい気持ちでいる存在だ」と胸を張った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT