ブラジルに逆転勝ち、ベルギー32年ぶり4強へ

1986年のメキシコ大会以来

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は勝利を喜ぶベルギーの選手たち(2018年 ロイター/Sergio Perez)

[カザニ(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、ベルギーがブラジルに2─1で勝利を収めて準決勝進出を決めた。

ベルギーは前半13分にコーナーキックからブラジルのフェルナンジーニョによるオウンゴールで先制に成功。同31分にはカウンターアタックでロメル・ルカクのラストパスからケビン・デブルイネがゴールを奪い、2点リードとした。ブラジルは後半31分にレナト・アウグストのゴールで1点を返したが、反撃も及ばなかった。

ベルギーはこの勝利で、1986年メキシコ大会以来32年ぶりとなる4強進出を決めた。

ベルギーのロベルト・マルティネス監督は試合後、「ブラジルは大会で最強のチームであり、オープンな展開にすれば脅威だった。90分間、しっかりとした守備が必要だった」とし、ベルギーのプレーは先に進むに値したとコメント。「この瞬間、私は地球上で最も誇らしい気持ちでいる存在だ」と胸を張った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。