「VAR」でバレる!ダークな選手のヤバい演技

フェアプレーじゃない選手が白日の下に

コスタリカのジャンカルロ・ゴンサレス選手がブラジルのネイマール選手にペナルティエリア内でファールをしたが、VAR判定でPKは取り消された(写真:ロイター)

[サンクトペテルスブルク(ロイター)]- それがついに起こった時、自分たちは、たった今、FIFAワールドカップの歴史に残る瞬間を目撃したのだということを理解できなかったも人たちも、大勢いたかもしれない。

サンクトペテルスブルクで行われたグループステージ第2戦で、ブラジルはコスタリカを果敢に攻めていた。そして両チーム無得点のまま迎えた残り12分のところで、ジャンカルロ・ゴンザレスの接触でネイマールが転倒。主審のビヨルン・カイパースはPKのジャッジを下した。

ブラジル選手たちが大喜びするなか、主審のカイパースは耳に手を当て、頷き、サイドラインへと歩いて行った。

初めてVARがペナルティの判定を覆した

カイパースはすぐに戻り、VTRを見た結果、判定を取り消すと合図。これによってブラジルはロシアでの初勝利を飾るため、他の方法を見つけねばならなくなった。

ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)が、ワールドカップ史上初めて、ペナルティの判定を覆してみせたのだ。

サッカーの試合の最も楽しめる要素の一つであった、「あの判定は正しかったのかどうか」という議論が、VARによって台無しになってしまうのではないかという心配をする人もいるかもしれない。しかし、VARのメリットは絶大だ。VARシステムは、試合後の分析を強化したともいえる。と同時に、試合中の審判の水準も引き上げることになった。

次ページ退場となった選手は4人だけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT