今回のW杯の衝撃はアジアが4勝もしたことだ

1勝もできなかったブラジル大会とは対照的

 7月3日、熱戦が繰り広げられているサッカーW杯ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、アジアの代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。写真は、ロングボールを蹴る韓国のチュ・セジョン選手。カザンで6月撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザン(ロシア) 3日 ロイター] - 熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、日本以外のアジア代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。

サムライブルーは2日、才能豊かな選手がそろったベルギーに対して、後半序盤に2─0とリード。本大会で最大の番狂わせを起こすかと思われたが、ロスタイムでベルギーに得点を許し2─3で敗れた。

日本代表チームの夢は打ち砕かれた

自国初の8強入りを果たし、韓国と共同開催した2002年大会以来、準々決勝に進むアジア初の国になるという日本代表チームの夢は打ち砕かれた。

「これがサッカー。受け止めにくい結果だが、受け止めるしかない」と、MF香川真司は試合後に語った。「1勝し、次に行きたかった。壁は大きいと実感した」

アジアのチームがこの壁を越えたのはかつて2度しかない。2002年、韓国が日本と共同開催したW杯で準決勝に進出。また、1966年イングランド大会では、北朝鮮が8強入りを果たした。

次ページアジアから初めて5チームが出場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 財新
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT