今回のW杯の衝撃はアジアが4勝もしたことだ

1勝もできなかったブラジル大会とは対照的

 7月3日、熱戦が繰り広げられているサッカーW杯ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、アジアの代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。写真は、ロングボールを蹴る韓国のチュ・セジョン選手。カザンで6月撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザン(ロシア) 3日 ロイター] - 熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、日本以外のアジア代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。

サムライブルーは2日、才能豊かな選手がそろったベルギーに対して、後半序盤に2─0とリード。本大会で最大の番狂わせを起こすかと思われたが、ロスタイムでベルギーに得点を許し2─3で敗れた。

日本代表チームの夢は打ち砕かれた

自国初の8強入りを果たし、韓国と共同開催した2002年大会以来、準々決勝に進むアジア初の国になるという日本代表チームの夢は打ち砕かれた。

「これがサッカー。受け止めにくい結果だが、受け止めるしかない」と、MF香川真司は試合後に語った。「1勝し、次に行きたかった。壁は大きいと実感した」

アジアのチームがこの壁を越えたのはかつて2度しかない。2002年、韓国が日本と共同開催したW杯で準決勝に進出。また、1966年イングランド大会では、北朝鮮が8強入りを果たした。

次ページアジアから初めて5チームが出場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。