今回のW杯の衝撃はアジアが4勝もしたことだ

1勝もできなかったブラジル大会とは対照的

 7月3日、熱戦が繰り広げられているサッカーW杯ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、アジアの代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。写真は、ロングボールを蹴る韓国のチュ・セジョン選手。カザンで6月撮影(2018年 ロイター/John Sibley)

[カザン(ロシア) 3日 ロイター] - 熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会では、韓国が前回王者のドイツに大金星を挙げ、日本も格上のベルギーを苦しめた。だが、日本以外のアジア代表チームはすべて、またしても1次リーグで敗退し、帰国の途につくこととなった。

サムライブルーは2日、才能豊かな選手がそろったベルギーに対して、後半序盤に2─0とリード。本大会で最大の番狂わせを起こすかと思われたが、ロスタイムでベルギーに得点を許し2─3で敗れた。

日本代表チームの夢は打ち砕かれた

自国初の8強入りを果たし、韓国と共同開催した2002年大会以来、準々決勝に進むアジア初の国になるという日本代表チームの夢は打ち砕かれた。

「これがサッカー。受け止めにくい結果だが、受け止めるしかない」と、MF香川真司は試合後に語った。「1勝し、次に行きたかった。壁は大きいと実感した」

アジアのチームがこの壁を越えたのはかつて2度しかない。2002年、韓国が日本と共同開催したW杯で準決勝に進出。また、1966年イングランド大会では、北朝鮮が8強入りを果たした。

次ページアジアから初めて5チームが出場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT