W杯ベスト8に占める「ナイキ」の比率は?

「アディダス」を逆転していた

ナイキが躍進している(写真:ロイター)

番狂わせが続いているFIFAワールドカップにおいて注目を浴びているのが、ユニフォームスポンサーのバトルだ。ナイキが、最大のライバルであり、サッカー界での絶対的なポジションを占めるアディダスを順調に打ち負かしているのだ。

ベスト8のうち半分がナイキ

ナイキのスウッシュのマークは、ベスト8の組み合わせの一方のサイドにいる、ブラジル、フランス、イングランドのユニフォームを飾っている。これらのチームは、ワールドカップの優勝チームを賭けるウェブサイトで人気上位を占めるチームだ。さらに反対サイドのクロアチアもナイキである。

ドイツのトップスポーツブランドのアディダスは、ベスト8に残っているベルギー、ロシア、スウェーデンのスポンサーである。残りの1チームであるウルグアイは、プーマだ。

ナイキがスポンサーをしているチームのロシアでの活躍により、米国のスポーツアパレルメーカーのナイキは大きな成功を収め、それにより世界でのサッカー関連の売り上げは拡大し、2018年度には20億ドル (16億ユーロ) に達する見込みである。

次ページアディダスは32チーム中12チームのスポンサー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。