日本人はナイキの躍進から何を学ぶべきか?

創業者フィル・ナイト氏への直撃取材を敢行

インタビューに応じるナイキ創業者フィル・ナイト氏(写真:NHK)
1962~80年のナイキの創業と躍進から、私たち日本人は何を学ぶべきなのか。
ナイキ創業者のフィル・ナイト氏のインタビューを柱に、関係者の証言を交え、ナイキの創業と躍進、それに日本企業との知られざる事実をひもとくNHK BS1スペシャル「ナイキを育てた男たち~“SHOE DOG”とニッポン」が4月29日、放送される(5月5日、午前7時より再放送)。本記事では、実際にナイト氏らにインタビューを行ったNHKの野口修司キャスターに、番組制作の意図と日本経済へのメッセージについて解説してもらった。

それは、「情熱」だった。いや、単なる「熱」と言ってもいい。

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

1962年、大学院を卒業したばかりのフィル・ナイト氏が、ハワイを経由して日本を訪ねるところから、物語は始まる。いまや世界最大のスポーツブランドとなった「ナイキ」。その誕生と成長を、創業者のナイト氏が自叙伝的に描いたのが、『SHOE DOG(シュードッグ)』だ。

2017年10月に販売された日本語版を読み、単なるサクセスストーリーではない、試行錯誤満載の、異様に“人間くさい”内容に引き込まれた。中学生の頃から「あこがれ」だったスポーツブランドの経営は、かくも行き当たりばったりで、これほど経営危機に陥っていたのか……。「ぜひ、彼にインタビューしてみたい」。そう思い立ったのが、NHK BS1スペシャル「ナイキを育てた男たち~“SHOE DOG”とニッポン」の取材のスタートだった。

ビーバートンの「キャンパス」

「インタビュー時間は30分!」との約束を取り付け、往復20時間かけて、2018年2月中旬、ナイキ本社があるオレゴン州ビーバートンを訪ねた。

東京ドーム35個分という広大な敷地には、サッカー場もあればジムもある。さらには保育所(2カ所!)もあり、「本社」ではなく、社員いわく「キャンパス」との呼び名にも納得できる。

次ページ建物には、名だたるアスリートの名前が
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT