自民総裁選への出馬を岸田文雄氏が迷うワケ

派内の主戦論は高まるばかりなのに

岸田派内では今年初めまでは「主戦論と禅譲期待論が半々だった」とされるが、ここにきて主戦論が一気に高まったのは、「戦わない政治家は国民もリーダーとして評価しない」(派長老)という常識論からだ。同派では6月から中堅や若手議員を区分けする形で個別の会合を重ねているが、これまでのところ「主戦論が多数派」となっている。

2日夜に同派当選1~2回議員4人と岸田氏が会食した際も全員が「出馬すべし」と迫ったが、岸田氏は「最後は私が判断させてもらう。どんな判断でも最後は一致結束して進みたい」と答えるにとどめたとされる。6年前の総裁選に同派から出馬した林芳正文科相も「自民党内の政策論争を国民に訴えるよい機会」と今回は岸田氏の背中を押す。

そうした中、岸田氏が悩むのは「出馬の大義名分」だ。第2次安倍政権以降、外相、政調会長と党内閣の主要ポストで政権を支えてきただけに、首相の政策運営を批判することは「天に唾する」(官邸筋)ことにもなりかねない。そこで周囲が検討しているのが首相との政治手法の違いだ。岸田氏が3日の仙台市内での講演で「トップダウンが効きすぎることで、党の議論がなかなか政府の政策に反映されていないのではないか」と暗に官邸主導が際立つ首相の政治手法を批判したのもその一環とみられている。

「真面目でいい人」の決断やいかに 

3日未明のキックオフとなったサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦では、日本代表が優勝候補のベルギーに惜敗した。睡眠を削ってテレビ観戦したとされる首相は同日朝、記者団に「惜しかった。でも、代表の皆さんにありがとうと言いたい。この2週間、本当にいい夢を見させてもらった」と日本代表の予想外の活躍を満面の笑顔でほめたたえた。

その一方で、岸田氏は同日の党内の会合で、日本代表が土壇場のアディショナルタイムで逆転負けしたことについて「やはり、世の中は一寸先は闇ということだ」とまじめな表情で残念がった。どんなことでも前向きに自己アピールに利用する首相と、周囲の反応に気をつかう岸田氏の対照が際立った一幕だ。果たして「真面目でいい人が売り物」(自民幹部)とされる岸田氏が、禅譲期待を振り捨てて首相に歯向かう決断ができるのかどうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT