シンガポールが米朝会談にかけた警備の中身

東京五輪に生かす最新テロ対策事情

シンガポールの観光名所で厳重な警戒に当たる警察官ら。米朝首脳会談開催期以外でもこの光景はよく目にする(筆者撮影)

事実、日本国内で報じられることはほとんどなかったが、米朝首脳会談の開催前後でも、テロ関連で要警戒に該当する人物が他国からシンガポールに入国しようとして、空港から強制送還されるなどの事例が継続的に報じられている。水際での対策に、シンガポール政府が日ごろからかなり神経を尖らせていることがうかがえる。

脅威はつねに突然のもの

東京五輪に向けたテロ対策も日本政府は地道に進めているが、 老若男女問わず意識改革を促すカジュアルなテロ対策アプリの工夫 や、高まるサイバーセキュリティ関連の脅威に対する取り組みなど は、シンガポールを参考にすべき点もあるだろう。

国際テロ情勢の権威であるシンガポール南洋工科大学のロハン・グナラトナ教授はこう指摘する。

「シンガポールは世界で最も安全といえるが、つねに攻撃の脅威に晒されている。シンガポールの警備は継続的なものであり、サミットのためだけでは決してない。シンガポールはセキュリティに対してとても多くの投資をし、常日頃からよく考えてきた。それは、脅威はつねに突然のものだからである。

アメリカや欧州では『イラクやシリアのISは終わった』と言われているが、それは違う。ISは確かにイラクやシリアでは困難に陥っているが、アジアやアフリカなどグローバルには広がりを見せており、これらの地域では脅威は拡大している。テロ攻撃はシンガポールでいつでも起こりうる脅威なのだ」

トランプ氏と金正恩氏が会談を行ったセントーサ島にたたずむマーライオン(筆者撮影)

米朝首脳会談で一躍注目されたシンガポールの警備能力、そしてインテリジェンス。これは、二転三転の末に急遽決まった会談に向けて、にわか仕込みで用意されたものでは決してない。空港までの帰り道、IT業界を定年退職したばかりだという60代のタクシー運転手にテロ対策について尋ねると、饒舌にこう返してきた。

「シンガポールは世界一安全なんて言われるけど、それは政府だけでなく私たち市民が積極的に脅威を認識しようとしていることも大きな理由かもしれない。日本だって、オリンピックがあるだろう? 政府に任せておくだけでは、危機管理意識は共有されないんだ」

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT