頭ポンポンする男はモテるという大きな誤解

「男は女におごるべき」の風潮にもモノ申す

犬山:「男性が女性におごらなければいけない」という固定観念も、今の時代にはそぐわなくなってきましたよね。女性のほうが稼いでいる場合だってあるのに、男性が必ずおごらなければいけないという考え方がいまだに存在する。なかには、男性に貸しを作りたくないから、おごられたくないという女性だっている。だから、この常識はもう捨てたほうがいい気がしています。

宮崎:そこらへんは、僕もまだ古い価値観が残っていて、やっぱり女性と食事をしたら、全額おごるか、もしくは7対3くらいの割合で多く払わなければいけないと、どうしても思ってしまう自分がいます。

宮崎 智之(みやざき ともゆき)/1982年生まれ。東京都出身。地域記者、編集プロダクションなどを経て、フリーライターに。カルチャーや男女問題についてのコラムのほか、日常生活の違和感をつづったエッセイを、雑誌、Webメディアなどに寄稿している。ラジオなどのメディア、イベント出演も多数。著書に『モヤモヤするあの人~常識と非常識のあいだ~』(幻冬舎文庫)など(撮影:菊岡 俊子)

犬山:もちろん好きでおごっているなら、それはいいんです。でも、「男だから、おごらなきゃ」という圧力によっておカネを出しているのだとしたら、それはおかしい。合理性がまったくなく、意味がわかりません。男性のほうがたくさん食べたり、飲んだりすることが多いなら、そこは考える必要があるけど。

宮崎:僕はお酒も飲まないし、食も細いので、居酒屋では300円くらいのお新香をずっと食べてます。

犬山:私、めちゃくちゃ飲んだり、食べたりするから、宮崎さんと飲みに行ったときは多めに払いますね(笑)。

宮崎:ありがとうございます(笑)。

犬山:仮に、「この人はおごってくれなかったから、付き合うのはありえない」と言う女性がいたとしたら、そういう女性は切っちゃっていいと思うんですよ、男性は。「ありえない」と言われることが怖くて無理して男性がおごるのは、女性がセクハラを笑顔でやり過ごすのと同じ構図だと思います。

宮崎:確かに、取るべき行動が性別で決められてしまうという意味では、セクハラに近いのかも。ちょっとモヤモヤするけど、その場を穏便におさめるために全額おごるという男性もいるでしょうし。

「呪い」から解き放たれたほうが、絶対に楽になる

犬山:もちろん全体の平均をとると、男性のほうがまだまだ稼いでいます。でも、個別で見れば、そうではないケースはいくらでもあります。ケースバイケースで考えればいいだけのことで。

宮崎:本当にそのとおりですね。

『アドバイスかと思ったら呪いだった。』(ポプラ社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犬山:女性も男性も、これまで話してきたような「呪い」から解き放たれたほうが、絶対に楽になると思うんです。そのほうが生きやすくなる。人は人、自分は自分。まずはそのことをしっかりと意識して、自分の常識を人に押し付けない。そして、その人がどういうことを求め、どういうことで喜ぶのか、話をきちんと聞く。そういう当たり前のことから、始めなければいけないと考えています。そのうえでするアドバイスはクソバイスではなく、相手のことを本当に思っている助言だと思います。

宮崎:僕もその「呪い」にかかっている一人だということを自覚して、これからもモヤモヤを言語化していきたいと思います。モヤモヤを言語化したその言葉こそが、呪いを解く呪文になるかもしれないのですから。

(撮影:菊岡 俊子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。