アザールが意欲、「大舞台で輝く時が来た」

「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない」

 7月1日、サッカーのベルギー代表エデン・アザールはW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日記者会見に出席し、意欲を示した(2018年 ロイター/Marko Djurica)

[ロストフ・ナ・ドヌ(ロシア) 1日 ロイター] - サッカーのベルギー代表エデン・アザールが1日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日会見に出席し、意欲を示した。

今大会の決勝トーナメント1回戦では、リオネル・メッシ擁するアルゼンチンと、クリスティアノ・ロナルド擁するポルトガルがすでに敗退。27歳になり、まだ国際大会で大きな成功を収めていないアザールは「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない。自分が輝く番が来た」と述べ、「準々決勝、準決勝へと進みたい」と語った。

イングランド・プレミアリーグのチェルシーで4年前、アザールを指導していたジョゼ・モウリーニョ氏は「世界の若手の中でもベストかもしれない。ただ時間が必要だ」と評価していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT