アザールが意欲、「大舞台で輝く時が来た」

「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない」

 7月1日、サッカーのベルギー代表エデン・アザールはW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日記者会見に出席し、意欲を示した(2018年 ロイター/Marko Djurica)

[ロストフ・ナ・ドヌ(ロシア) 1日 ロイター] - サッカーのベルギー代表エデン・アザールが1日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日会見に出席し、意欲を示した。

今大会の決勝トーナメント1回戦では、リオネル・メッシ擁するアルゼンチンと、クリスティアノ・ロナルド擁するポルトガルがすでに敗退。27歳になり、まだ国際大会で大きな成功を収めていないアザールは「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない。自分が輝く番が来た」と述べ、「準々決勝、準決勝へと進みたい」と語った。

イングランド・プレミアリーグのチェルシーで4年前、アザールを指導していたジョゼ・モウリーニョ氏は「世界の若手の中でもベストかもしれない。ただ時間が必要だ」と評価していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。