アザールが意欲、「大舞台で輝く時が来た」

「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない」

 7月1日、サッカーのベルギー代表エデン・アザールはW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日記者会見に出席し、意欲を示した(2018年 ロイター/Marko Djurica)

[ロストフ・ナ・ドヌ(ロシア) 1日 ロイター] - サッカーのベルギー代表エデン・アザールが1日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本戦の前日会見に出席し、意欲を示した。

今大会の決勝トーナメント1回戦では、リオネル・メッシ擁するアルゼンチンと、クリスティアノ・ロナルド擁するポルトガルがすでに敗退。27歳になり、まだ国際大会で大きな成功を収めていないアザールは「ロナルドとメッシはもうW杯にはいない。自分が輝く番が来た」と述べ、「準々決勝、準決勝へと進みたい」と語った。

イングランド・プレミアリーグのチェルシーで4年前、アザールを指導していたジョゼ・モウリーニョ氏は「世界の若手の中でもベストかもしれない。ただ時間が必要だ」と評価していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT