40歳主婦が夫の「転職うつ」で悟った「自立心」

家計年収1000万円のはずが収入激減の恐怖

前述したとおり、C子さんは専業主婦になって10年。それまで家事、育児に専念してきたので、社会復帰へのハードルはかなり高いものがあります。

実際、新聞やネットの広告、ハローワークなどで仕事の求人を見つけては応募してみましたが、ことごとく採用されませんでした。

派遣で週3日働き、保育士の資格取得も目指し猛勉強

そこでC子さんは、大手派遣会社が実施している専業主婦向けの仕事支援プロジェクトに参加。そこで、パソコンやビジネススキルを学び、派遣社員として在宅ワークも併用しながら週に3日働くことになりました。
  
不思議なことに、C子さんが働き始めると、夫の病状は少しずつよくなっていったそうです。ある時、夫がポツリと漏らしたそうです。「転職して思うように仕事ができなかったのもつらかったけど、自分がダメになってしまったら妻も子供も路頭に迷ってしまうというプレッシャーが大きかった。心のどこかで君に働いてほしかったのかもしれない」と。

その時、C子さんは、何でも万能な夫に頼りすぎていたのかもしれないと反省。「これからもっと自分でも稼げるようにしなければ」と決意を新たにしたそうです。考えたくはないことですが、もし傷病手当金の支給が終わる1年半後に夫の病気が治っておらず、復職できない場合には収入が途絶えてしまいかねません。C子さんはそのリスクも踏まえ、ずっと長く働き続けられるようにと、保育士の資格取得も目指し猛勉強中です。

夫のうつ病をきっかけに仕事を始めたC子さんですが、どんな夫婦でも、どんな人生でも、常に順風満帆とはいきません。先行き不透明な今の時代、誰でも大病を患ったり、うつ病になったりする可能性があります。夫婦ならば、相手のピンチのときにこそ支え合えるよう、精神的にも経済的にも自立しておくことが大切だと思った相談でした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT