電車内で化粧する女性は許せる?許せない?

オヤジ体臭と化粧品香料、どっちが厳しいか

たとえば「ニオイがきつい」という指摘。一流の化粧品には香りの強いものがあり、使う側は優雅な気分になる一方で、他人は迷惑に感じてしまう。そのほか「化粧中の女性のひじが当たってくる」「アイメークの筆が目に刺さりやしないかコワイ」などのつぶやきが。筆者も、お粉がこちらに飛んできたり、口紅が服についてしまったりしないかヒヤヒヤする。このように多くの乗客たちは声に出さないだけで、多かれ少なかれ不快な思いを抱いているのだ。

化粧のニオイが苦手な男性もいる(写真:mits / PIXTA)

また車内メークが原因で、乗客同士のトラブルに発展するケースもある。筆者が実際見たのはこんな光景である。

ある日、電車の中で40代と思しき女性がこってりと化粧をしていた。隣にいたオジサンが「こんなとこで化粧するな!」と注意。すると一瞬の間を置いて、「うるせ~んだよ、ジジイ!」と甲高い声で威嚇し始めたのである。うわ、始まったな……と、周囲の乗客は気まずそうに目をそらし、耳だけで聞いている。

2人の口論は続き、「化粧品がくさいんだよ」というオジサンの意見に対しては、「お前の体臭のほうがくせえんだよ、ジジイ!」とのお言葉である。「化粧がくさい」「体臭のほうがくさい」という水掛け論の結果、オジサンのほうが根負けして、別の車両に移ってしまった。オジサンの名誉のために言っておくが、私は彼の隣に座っており、体臭は無臭であった。

女性の口の悪さに失望したのもさることながら、論点をすり替えて他人をたたくのは、盛り鉄女子の習性とも言える。彼女たちは「じゃあ前で足を開いて座っているオジサンはいいんですか」「じゃあヘッドフォンから音楽が漏れている人はいいんですか」と反論してくるのだが、どれも同類のマナー違反である。

こうした乗客同士のトラブルは、決して気持ちの良いものではない。快適な車内が一変、車両の隅々に気まずさ、不快感、恐怖、嫌悪感が充満する。遭遇してしまったら「早く目的地に着かないかな」と念仏を唱えるのみである。

鉄道会社は、実害を及ぼす行為であると警笛を鳴らす

物議を醸す盛り鉄女子たち。これに対して、鉄道会社はなにか策を講じているのだろうか。化粧を含めあらゆる「車内マナー向上」のため、広告やアナウンスでの呼びかけを行う東急電鉄に話を聞いた。

「車内での化粧は、なるべく控えていただきたい行為ですが、お客様の良心と判断に任せています」とする一方で、「化粧は、ほかの乗客に『実害』を及ぼす可能性がある行為であると認識してほしい」という。

「化粧品のにおいで気分が悪くなる人が出たり、周囲の人の洋服が汚れたりするおそれもある。電車の揺れで、化粧品や鏡が手を離れて飛んでいってしまったら、ケガをさせるおそれもある。こうした『実害』があることを理解していただきたい。また、トラブルが起きてしまった場合、電車が止まり、ダイヤ乱れの原因にもなります。当社としては、すべてのお客様に快適に過ごしてほしいという思いがあります。マナー向上の、ご協力をお願いします」とのことだった。

次ページ最悪、290万円の慰謝料発生!? 弁護士に聞いてみた
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT