電車内で化粧する女性は許せる?許せない?

オヤジ体臭と化粧品香料、どっちが厳しいか

電車内で化粧する女性が増えてきた。ネット上では賛否両論だ(写真:さわだゆたか/PIXTA)

朝の通勤電車。1日の始まりはさわやかな気分でいたい。しかしながら、乗客のマナーの悪さでさわやかな気分が吹き飛んだという経験をした人は多いだろう。ヘッドフォンからの音漏れ、食事のニオイ、騒がしい人たちなど挙げればキリがないのだが、「化粧をする女性」もよく議論されるトピックである。

電車内でメークを濃くする「盛り鉄」女子

カバンの中からポーチを取り出し一心不乱に化粧をする、いわゆる「盛り鉄女子」(もりてつじょし:盛る=メークを濃くする、という若者言葉に引っかけた筆者の造語)。彼女たちに対しては、意見が真っ二つに分かれる。筆者としては、やめていただきたいの一言。理由は、快適な車内空間が侵害されるからである。

「他人の化粧は見たくない」「恥ずかしくないのか?」これが筆者を含む反対派の意見である。素顔から、ファンデーション、アイメーク、ほお紅、口紅を塗りたくり、キレイに出来上がっていくさまは、なぜか見ていて気持ちの良いものではない。不快指数は高く、正体不明の嫌悪感がある。「身だしなみは、自宅など人目を忍んで済ますもの」という意識であるからだ。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

対して、盛り鉄女子側の言い分は。よく聞かれるのが「寝坊したからしょうがない」「用意する時間がないほど私は忙しい」とのことである。

確かに気持ちはわかる。化粧をする女性は、朝早く起きなければならない。それに、ただ座っているだけの退屈な時間を有効活用したい、ということなのだろう。しかし、その時間を化粧に充てるのはいかがなものかと、問いたくなる。

また「誰にも迷惑をかけていない」という声もある。はたして真実だろうか。実は毎朝ツイッターでは、盛り鉄女子たちに向けた乗客の心の叫びがつぶやかれている。

次ページ「うるせえ、ジジイ!」乗客同士のトラブルに発展する例も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT