平壌の一等地で「ビル建設が中断」の異常事態

政治的に重要な金日成広場の近くなのに…

2017年10月のGoogle Earthの衛星画像。高層ビルの下部が工事中であることがわかる(Featured image: Google Earth, October 2017)

6月に撮影された写真を見る限り、平壌の金日成広場周辺にある高層の集合住宅ビルが「建設途中」のままになっていることが伺える。NK PROの取材によると昨年2月以降、建設が行き詰っている。建設用地で何らかの問題が起きていることは間違いない。

コンクリート基礎がむき出しのまま

今年6月に撮影されグーグルストリートビューに掲載された同じビルの写真。まだ完成していない(写真:グーグルストリートビュー)

上のグーグルストリートビューの写真をみてほしい。この集合住宅ビルのうち少なくとも3つの最大規模のビルについては被覆材を施されないままコンクリート基礎がむき出しのまま放置されていることがわかる。2017年10月に撮影されたグーグルアースのサテライト画像と比較しても進ちょく状況は変わらぬままだ。

次ページ少数の労働者が働いているが…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT