W杯各グループの決勝進出条件をおさらい

日本はフェアプレーポイント分で有利

 6月24日、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は、各地でグループステージ第2戦が行われ、決勝トーナメントに進出するチームの顔ぶれがより明らかになりつつある。写真は、セネガル戦に臨む日本代表チーム。エカテリンブルクで撮影(2018年 ロイターCarlos Garcia Rawlins)

[24日 ロイター] - サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、各地でグループステージ第2戦が行われ、決勝トーナメントに進出するチームの顔ぶれがより明らかになりつつある。

各グループの上位2チームが、16チームで争う決勝トーナメントに進む。勝ち点が同点の場合、国際サッカー連盟(FIFA)は得失点差、それでも同じなら総得点で順位を決める。

もし2つ以上のチームが、勝ち点、得失点差、総得点において同点なら、順位は以下に従って決定される。

*同点チーム同士の勝ち点

*同点チーム同士の得失点差

*同点チーム同士の総得点

*フェアプレーポイント(レッドカード、イエローカードにより決定)

*抽選

総当たり戦のグループステージ最終戦を控えた各グループで、どのチームが決勝に進出するか、想定されるシナリオは以下の通り。

●グループA

ロシアとウルグアイの決勝トーナメント進出がすでに決定した。両チームが対戦する25日の結果によって、通過順位が決まる。ロシアは得失点差で優位に立っており、引き分け以上で1位通過となり、決勝トーナメントでグループBの2位通過チームと対戦する。

エジプトとサウジアラビアは勝ち点ゼロだが、得失点差がマイナス6のサウジは、エジプトに勝たなければグループ最下位で終わる。

●グループB

スペインとポルトガルが勝ち点4でグループBのトップ。これに勝ち点3のイランが続く。モロッコは勝ち点ゼロで1次リーグ敗退が決まっている。

スペインとポルトガルは引き分けたため、得失点差と総得点でも同点。両チームが最終戦で同じ結果なら、フェアプレーポイントによって順位が決まる。

今のところ、スペインの警告が1なのに対しポルトガルが2で、スペインが有利に立っている。

ポルトガルが決勝トーナメントに進むためには最後の対イラン戦で少なくとも勝ち点1を獲得する必要がある。イランが決勝トーナメントに進むにはポルトガルに勝つか、スペインがモロッコに負けて、自身がポルトガルと引き分けなくてはならない。

勝ち点ゼロのモロッコと対戦するスペインは、決勝トーナメントに進むために勝ち点1を挙げればよい。

グループBの1位通過チームは、グループAの2位通過チーム(ロシアかウルグアイ)と対戦する。

次ページグループCは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT