W杯各グループの決勝進出条件をおさらい

日本はフェアプレーポイント分で有利

●グループF

1次リーグ敗退の危機に直面していたドイツが、ロスタイムで勝ち越し点を決めてスウェーデンを下すと、グループFも事態が一変した。

メキシコが勝ち点6でトップ、これにドイツとスウェーデンが共に勝ち点3で続く。

メキシコはスウェーデンに引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。もし負けても、ドイツが韓国(勝ち点ゼロ)に負けるか引き分ければ、メキシコは決勝トーナメントに進める。

ドイツは韓国戦で2得点を挙げて勝利すれば決勝トーナメントに進出。スウェーデンがメキシコに負けた場合は、得点数にかかわらず韓国に勝利すれば進出できる。

また、もしスウェーデンがメキシコに勝利したとしても、ドイツは韓国に勝ち、得失点差でスウェーデンに勝れば決勝トーナメントに進出可能だ。

スウェーデンはメキシコに勝ち、またドイツが韓国に負けた場合に決勝トーナメントに進出できる。スウェーデンとドイツが共に勝った場合は、得失点差でスウェーデンが決勝トーナメント入りする可能性はある。

2敗している韓国だが、決勝トーナメント進出の望みはわずかに残されている。だがそのためには、自身がドイツに勝ち、スウェーデンがメキシコに負け、得失点差で上回らなければならない。

グループFの1位通過チームはグループEの2位通過チームと対戦する。

●グループG

イングランドとベルギーがすでに決勝トーナメント進出を決めているが、順位は28日の直接対決で決まる。

両チームは共に勝ち点6、総得点も同じ。したがって、引き分ければ、フェアプレーポイントで順位が決まることになる。現時点で、イングランドはイエローカード2枚、ベルギーは同3枚受けている。

チュニジアとパナマは共に勝ち点ゼロ。引き分けなら、チュニジアが3位となる。

●グループH

日本とセネガルは、それぞれポーランド、コロンビアと対戦して引き分ければ決勝トーナメントに進出できる。もしセネガルと日本が同じ得点で引き分けた場合、フェアプレーポイントで順位が決まる。現時点で、セネガルはイエローカード5枚、日本は同3枚受けている。

コロンビアは、セネガルを下せば決勝トーナメントに進める。ポーランドが日本に勝った場合には引き分けでも可能だ。ポーランドはすでに1次リーグ敗退が決まっている。

グループHの上位2チームは、イングランドかベルギーのどちらかと対戦することになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。