森信親・金融庁長官の「後任」に期待すること

在任3年で個人の資産運用は劇的に変わった

渋澤:実際、大きく変わりましたよね。資産運用業界だけを見ても、森長官が登場する前までは毎月分配型投資信託が全盛でしたが、今は大分、減ってきた感じを受けます。

藤野:純資産総額でランキングすると、まだ毎月分配型が上位を占めていますが、恐らく資金流出額でランキングを作成したら、その上位に来るのも毎月分配型かもしれませんね。今、純資産総額で上位に居られるのは、それだけ過去において大勢の人たちが毎月分配型を購入したからで、その蓄積で食べているようなものです。

渋澤:これからの投資信託は毎月分配型から毎月積立型に主役が移っていくでしょう。金融庁としては悲願のつみたてNISAもスタートしましたし、このトレンドが廃れることはないと思います。

中野:森長官についてもう少し言わせていただくと、やはり「事実で攻めた」という点を評価したいですね。森行政によって不利な立場に追いこまれた感のある金融業界からは、「何か意図的なものがあるのではないか」などと酷評されました。しかし、金融モニタリングレポートを通じて事実を突きつけ、金融業界に有無を言わせないようにした。これが金融業界の改革を進める原動力になったと思います。

森長官が退任したら「元の木阿弥」?

藤野:ただ、金融業界の一部には、「森長官が退任するまで我慢すればいい」などと言っていた人も少なからずいます。特に投資信託の販売金融機関に多いですね。森長官の退任が7月。「その後は毎月分配型をガンガン販売できる。それも高速回転売買だ」などと、本当か、冗談かわからないようなことを平気で言っている人もいますから、遠藤新金融庁長官にはぜひ、森路線の継承をお願いしたい。

渋澤:長官が変わったからといって、そう急に方針転換するようなことはないでしょう。

中野:私もそう思いたいのですが、それはあくまでも私たちの期待に過ぎませんからね。巻き返しを狙っている金融業界関係者は絶対にいます。

次ページ森さんは、どこに行く?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT