「紀州のドン・ファン」過剰な報道への違和感

謎解き重視、刑事ドラマ化するワイドショー

謎の死を遂げた野崎幸助さんの事件をめぐって、まだ逮捕もされていない人の過去やプライベートをさらし、結末を誘導してもいいのでしょうか(写真:Motoo Naka/アフロ)

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(77歳)が、5月24日に急死してから約3週間。その間、メディアであまりに多くの報道が飛び交っています。

最初は「美女4000人に30億円を貢いだ資産家・紀州のドン・ファンが亡くなった」という穏やかな報じ方でしたが、すぐに論調が一変。「55歳年下のモデルと今年2月に結婚したばかり」「愛犬のイブも5月6日に急死していた」「警察が死因を『急性覚せい剤中毒』と発表」などのキナ臭い続報が次々に報じられました。

この手の過激な報道は、週刊誌ではごく当たり前のことであり、特に驚きはありません。しかし、ワイドショーの各番組が、「まるで刑事ドラマでも見ているか」のような報じ方をしていることは看過できないのです。

容疑者候補の人物が次々に登場

ワイドショーの各番組には、司会者とコメンテーターのレギュラー陣に加え、「元刑事」「元麻薬取締官」「弁護士」などの専門家が登場。これを刑事ドラマに置き換えると、司会者・コメンテーター・専門家は、刑事と捜査協力者に当たり、事件を解決するためにさまざまな考察を展開していきます。

刑事ドラマにおける事件解決への第一歩は、「死因の確定」と「容疑者の浮上」。ワイドショーの各番組も、当初から死因にふれてから、「覚せい剤を自分で打つ量にしては多すぎる」などの不自然な点を指摘することで、さまざまな人物を浮上させていきました。

55歳年下妻、溺愛されていた愛犬・イブ、ホステスのような派手な服を着た家政婦、つい最近まで会話を交わしていた近隣の友人、野崎さんの会社に勤めていた元従業員、親交の深かったデヴィ夫人。刑事ドラマで言えば、容疑者候補のキャストを登場させ、視聴者に「この人があやしい」「きっとこいつが犯人だ」と予想させる段階です。

ただ、本来ならこのあたりで報道は、いったん終了。他にも報道すべき多くの事件・事故、社会問題などがある以上、「事件が解決したら」、あるいは「解決しそうなほど事態が大きく動いたら」再び報じるのが普通です。

しかし、ワイドショーの報道は、ますます刑事ドラマ化の一途をたどり、過熱していきました。

次ページミステリーの色を深める脚本・演出
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。