あの「カラムーチョ」、人気再燃3つの理由

激辛ブームから30年、ベテラン菓子の底力

『Hanako』も2017年9月14日号で、久々にアジア料理店の特集「今、食べたいのはアジアごはん。」を組んだ。今は、特に刺激系にフィーチャーする形で、エスニック料理ブームが再来しているのである。

食に刺激を求めるもう1つの要因として、経済活動の活発化が考えられる。一般的には好景気の実感が薄いとはいえ、新卒の就職は売り手市場、企業は人手不足に悩む。東京では2020年のオリンピックに向けた再開発が盛んで、高島屋が今秋体験型の新館を日本橋にオープンする予定など、新業態に打って出る企業も目立つ。世の中がアグレッシブになるとき、人の嗜好もアグレッシブになる。唐辛子やスパイスの刺激を求めるのは、そのせいではないか。

当初は販路探しに苦戦した

振り返ってみれば、前回のエスニック料理ブームも、バブル景気が始まる時期と重なっている。当時のブームは激辛ブームを伴っていた。牽引した1つが、1984年に発売された日本初の激辛スナック菓子、カラムーチョだった。

湖池屋がカラムーチョを発売したきっかけは、視察に行った米国でメキシコ料理がはやっており、辛いチップスも人気だったこと。米国では1970年代後半から、ベトナム難民が増えたことなどをきっかけにエスニック料理ブームが起きており、メキシコ料理の流行も、その1つだったと考えられる。

が、いざ日本でカラムーチョを発売したものの、当初は販路開拓に苦戦した。当時の日本人は唐辛子の刺激に弱く、激辛スナックは売れないと思われたのだ。それが「情報発信基地と呼ばれていたコンビニエンスストアのバイヤーさんが、これから伸びそうなものを探していて、カラムーチョが合致したんです。すると、罰ゲームに使える辛さ、と若者中心に口コミで爆発的に広がった」と小幡氏は振り返る。

カラムーチョには、スティックタイプとチップスタイプがある(撮影:今井康一)

ここから、カラムーチョ人気再燃のもう1つの理由が導き出される。それは、当時カラムーチョを好んで食べていた若者たちが、再び戻ってきている可能性である。かつてのファンも今や40~50代。久しぶりに買ったカラムーチョを家族で食べた結果、その子どもたちが新たにカラムーチョのファンになっている、ということも考えられる。

次ページ湖池屋が目を付ける「次」の味
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。