25歳女性が「最下層」から抜け出せない理由

カラダを売っても続く貧困の深刻

実家があり、ダブルワークはしていなかったので、おカネも時間も少しだけ余裕があった。休日は競輪に行ってストレス発散した。軽自動車を新車で買い、競輪場に通った。ある日、競輪場で16歳年上の中年男性にナンパされて恋愛した。中年男性は未婚の派遣労働者だった。

「正社員だったし、嫌でも頑張ろうと思って介護は続けた。だんだんその彼氏に依存するようになって、毎日、毎日、何時間も電話しないと気が済まなくなって、すごく束縛した。もう高齢者を見るのも限界で、彼氏に仕事のことを相談した。『失業保険をもらえるから辞めちゃえ』って言われて、そうかと思って辞めました」

23歳、グループホームを退職した。毎月ハローワークに行くだけで13万円がもらえる。時間ができて恋人への依存はさらに深まった。中年男性は介護職を辞める直前、「除染作業の会社を作るから」と彼女に借金を打診した。消費者金融をまわって、彼氏に100万円を貸した。100万円を渡してから3カ月後、彼氏は原田さんの前から消えた。

原田さんが住んでいた実家の部屋(写真:原田さん提供)

「彼氏がいなくなって、完全におかしくなりました。部屋に引きこもりました。同じ頃に父親が歩けなくなって介護が必要になった。歩行介助とか私が頼られて、気持ち悪かった。偉そうに1人で生きていけって言っていたのに、自分が歩けなくなったら私を頼るの?って。精神状態がおかしかったこともあって、父親を虐待しました。結局、自分で介護施設に行った。消えた彼氏とか借金のことを思い出すと暴れたり。壁を壊したり。最終的には部屋をメチャメチャにして、ゴミに埋もれるみたいな状態になって、友達に発見されました」

不眠、暴れる、何日も動けないなど、部屋がゴミまみれになるなど、普通じゃないことを自覚して精神科に行った。抑うつ状態と診断され、向精神薬を処方された。失業保険が切れた頃、状態が落ち着いた。派遣会社に登録して、地元を出て北関東の工場へ行くことになった。

普通を知らないのでわからない

貧困家庭に生まれた子どもの、痛々しいその後だった。

「北関東に行ってすぐにおばあちゃんががんで死んだ。連絡が来たときは笑ってしまったし。誰かが介護しないと生きていけない父親は、人間には見えないし、本当に気持ち悪い。母親は顔も名前も知らないので、今どうしているとか興味ないし、本当に関係ない。中学校には行ってないので友達も少ない。寂しいので男の人には執着してしまって、束縛がすごいみたいで全然続きません。彼氏ができても逃げちゃいます」

まだ25歳だ。子どもの頃の夢だった看護師になるとか、家庭を新しく作るとかできないのか。

「家庭とか子どもとか、普通を知らないのでわからない。子どもができたとしても、たぶん嫌になって捨てると思う。母親が私にそうしたように、同じことになる。だから結婚とかは考えられないし、もう家もないので寮のある工場でしか働けないです」

なにも聞くことがなくなったので、取材を終わらせた。貧困の連鎖と家族崩壊、精神疾患、異性への依存癖、深刻な関係性の貧困、それに高校中退に情報弱者――まったく未来が見えない。彼女はすべてをあきらめて、あいている時間をずっと寝ることで現実逃避をする。どうすればいいのか、筆者にもわからなかった。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。