従業員に「1分遅刻でも罰金」は認められるか

「ノーワーク・ノーペイ」の原則はあるが…

もっとも、本来働くべき所定労働時間に労務を提供せず、その時間分の給与を差し引く取り扱いについては、「ノーワーク・ノーペイの原則」から認められています。完全月給制の従業員を除き、就業規則において、遅刻や早退、欠勤があったときに、その不就労時間分の給与を控除する規定は一般的に見られるものです。

減給の制裁として行われる場合

しかし、なぜ遅刻によるペナルティが珍しくないのでしょうか。これは、懲戒処分のひとつである「減給の制裁」として行っているケースが考えられます。就業規則では、従業員が守るべきワークルールとして服務規律を設け、遅刻や無断欠勤などを禁じていますが、それらの規定に背いて秩序を乱す場合に懲戒処分を行う場合があります。

就業規則で、減給の制裁を定める場合においては、その減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない(労働基準法第91条)としています。ここでいう平均賃金とは、算定事由発生日以前3カ月に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいいます。

なお、制裁を行う場合は、その種類や程度に関する事項について、あらかじめ就業規則に定めておかなければなりません。

行政通達では、「遅刻・早退の時間に対する賃金額を超える減給は制裁とみなされ、法第91条に定める減給の制裁に関する規定の適用を受ける」(昭和63.3.14 基発150号)と解されています。つまり、本来の遅刻が仮に20分であるにもかかわらず、30分に相当する減給をした場合、そのうち10分は減給の制裁としての適用を受けるものと解されます。

それでは、減給の制裁に該当するような違反行為を複数回行った場合はどうなるでしょう?1日分の平均賃金が10000円、賃金総額が300000円のケースで考えてみます。

この場合、1事案については5000円(10000円×1/2)以内となり、一賃金支払期における総額は30000円(300000円×1/10)までが限度となります。

仮に、1カ月で違反行為を7回行った場合、35000円(5000円×7)以内となりますが、一賃金支払期における総額の10分の1を超えてはならないことを考えると、30000円が上限となります。そうなると、5000円分はどうなるか、という疑問が残りますが、これは免除されるという意味ではありません。法律で制限がかかっているのは、生活において支障がでることを避けるためであり、翌月に繰り越して減給の制裁を行うことは可能といえます。

なお、一賃金支払期に支払われるべき賃金が、遅刻や欠勤で減額されているときは、減額後の賃金総額を基礎として計算します。欠勤控除ですでに基本給から3万円差し引かれている場合、一賃金支払期における減給の総額は27000円までが限度となりますので、ご注意ください。

サービス業などでお客様相手の仕事の場合など、「遅刻は絶対に許されない職場」も少なからずあるでしょう。勤怠の取り扱いについては、職場ごとに温度差があります。遅刻に限らず、減給の制裁を受けることのないよう働きたいものですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT