外国人が日本人の薄い権利意識に呆れる理由

「WHYジャパニーズピーポー」!?

iDeCoにしろ、NISAにしろ、運用商品選びの判断基準も心得ている人が多いです。金融庁のスローガンではありませんが、長期、積立、分散投資に疑問を持つ人はまずいません。基本は世界に投資をし、できるかぎり早く始めて継続期間を伸ばすことを優先します。マーケットの変動で、投資配分が変わるとリバランスといって調整をしなければなりませんが、そこはプロに任せたほうが合理的との判断から自身でリバランスをする必要がないバランスファンドを選択する傾向も強いです。

日本人は一見「憶病」なのに、人の儲け話には敏感

一方、日本人の場合は、どうしても「今から投資をしてどうなんでしょう?」とか「日本ってこれから上がるんですか?」という質問をする人が多いのですが、そもそもグローバルな視点を持っている外国人ビジネスマンは、日本だけを投資対象だと最初から思っていません。おカネはどこにだって自由に飛んでいけるのですから、世界の経済成長に投資をしてその恩恵を預かるのも「当然の権利」なのでしょう。もちろん、仕事柄経済成長を感じる、むしろ経済を成長させるのが経済活動の一員である自分の仕事と思っている様子も見受けられます。長期で成長するのなら「今始めること」に迷いはないのです。

興味深いことに、外国人は仮想通貨の投資などでも勉強熱心です。勉強がてら、少額から「やってみる」というスタンスの人が多いです。人生を支える資産形成は、長期、積立、分散投資で「仕組み」を整えあとはあまり意識することなく継続することに注力する。一方、新しいことには、まず乗ってみて、自分自身の判断力を養っていく。投資は怖いからイヤだと定期預金だけに固執している割に、「儲け話」を聞くと虎の子を入れてしまう日本人とは、ずいぶん対照的だと思うところです。

ある外国人の人がこう言いました。「幸せは経済的に満足が得られたうえで感じるものだと考えているから、幸せになるために努力をすることは、すなわち経済的に豊かになるための努力だと考えているんだ。でも日本人は、経済的な豊かさに対しなぜかネガティブな気持ちをもっているようで、不思議に思う」と。

幸せの定義は人それぞれでしょう。しかし若い時にアメリカにいた私にとって、「経済的豊かさが基本」という考え方は非常に納得感があります。なぜなら、アメリカでは経済格差を目の当たりにすることが頻繁にあり、つねに貧困の恐怖を感じるからです。教育と仕事と健康、これらが一つでも欠けると、文字どおり転がるように生活が落ちていくのが、私が見たアメリカです。だから奨学金を受けながら大学に行き、少しでもいい仕事に就けるように努力し、健康維持にもみな積極的なのです。

私自身アメリカの格差社会については、明日の日本とは無縁でないと思っているからこそ、日本人の資産形成に対する消極性には不安を感じます。今回ご紹介した外国人ビジネスマンのマインドはすべての人が共感できるものではないかもしれません。しかし、人生との向き合い方のひとつとして、ぜひ参考にしてみてください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。