ローソン、肉厚ビーフハンバーグサンドの衝撃

1年半で3倍超。全国5000店に店内調理サービス導入

10月22日から発売した「肉厚ビーフハンバーグサンド」(税込350円)。年間2000万食が目標。

コンビニの差別化戦略にローソンが新たな一手を打ち出した。同社では店内調理サービス「まちかど厨房」の導入を広げており、2014年2月末には2500店、15年2月末までに5000店へ拡大する方針。向こう1年半で、現状の約1500店から一気に3倍超にまで増やす計画だ。

コンビニ大手三社(セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート)の国内店舗数は各々1万店を越え、市場の飽和も近いとされる。そうした中、成長を持続するには差別化した商品の投入が欠かせない。店内調理品は通常の商品よりも粗利率が比較的高く、コンビニ各社が力を入れている。

ローソンでは全商品の平均粗利率が約31%に対し、店内調理品では50%を超すという。「まちかど厨房」の導入は今年の春以降に本格的化し、各店舗で調理パン、お弁当、おにぎりと取扱い商品の拡大を段階的に進めている。1店舗あたりの平均日販(単体ベース)は55.2万円だが、調理パンの導入で約2万円、調理パンと弁当の導入で約3万円、調理パンと弁当、おにぎりのフルラインで約5万円の売り上げ増を見込む。これが奏功すれば、日販60万円台の到達も見えてくる(業界首位のセブン-イレブンの平均日販は約67万円)。

好採算と新規顧客開拓で一石二鳥か

もっとも、店内調理品が順調に売れても、その分、従来の仕入商品の販売が減る懸念は残る。10月21日の商品説明会では、「今まで中食をあまり利用していなかった女性とシニアをターゲットにし、低カロリー弁当など高付加価値なメニュー開発を行う。そのため、(店内調理店拡大は)新規顧客の開拓になると捉えている」(和田祐一・ローソン執行役員商品統括グループCEO補佐)と述べた。

次ページコンビニの「手作り」はどこまで通用する?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT