海外のお客さんの行動を先取りするような店舗を--ローソン社長兼CEO 新浪剛史

海外のお客さんの行動を先取りするような店舗を--ローソン社長兼CEO 新浪剛史

人口減少と少子高齢化に直面する国内消費市場で、コンビニエンスストアは今期、大手3社がそろって過去最高純益を更新する計画だ。中でも国内2位のローソンは独自の経営モデルで拡大を狙う。国内外で積極展開する同社の戦略の要諦を、新浪剛史社長に聞いた。

──一時は市場飽和説も唱えられたコンビニ業界が元気です。復活の理由は何ですか。

消費者の行動パターンがものすごく大きく変わってきている。原油高のため、ガソリンを燃やして車で遊びに行くよりも、近場で好きなもの、必要なものをプラスアルファで買う。そういった流れをつかめた。

もちろんコンビニも何もしなかったわけではない。私は社長就任3~4年目から、野菜や生肉を取り扱う「生鮮コンビニ」の時代が来ると思っていた。なぜかというと、働く女性が増えて、料理をしなくなってくるからだ。世帯当たり人数が2・5人を切る中で、スーパーで安く大量に買っても、冷蔵庫の中で腐らせてしまう。だったら小分けにしようと、生鮮中心の「ローソンストア100」を始めた。

現在、通常店のローソンでも生鮮の品ぞろえを強化し、ハイブリッド店と呼んでいるが、5000店まで拡大した。既存の店を強化する視点が大切で、そのために健康重視や天然素材にこだわった「ナチュラルローソン」もつくった。エッジを立たせた店があるから、他社から複合店舗の話も出てくるんだ。

──店舗展開や海外進出には、独自の視点をお持ちですね。

誰もやったことのないものだから失敗は起こる。ただ、いちばん利益の出るメインストリートは変わっていく。その変化の流れを読み、挑戦していくのが経営者としての役割だと自負している。

今おかしいと思うことは必ず裁定される、と考えています。私は最初に病院給食の経営を始めたが、そのとき、夕方の5時に冷たい食事が当たり前に出ていたが、これはおかしい、絶対変わると思った。その後を見ると、やっぱり大幅に変わりましたね。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT