ソニーがα7で狙うプレミアムカメラの覇権

ニコン、キヤノンを揺るがすミラーレスの技術革新(下)

ソニーをはじめ、各社がプレミアム製品に力を入れている背景には、こうした市場の急縮小がある。プレミアム・コンパクトへと大きく舵を切ったのは、もはやコンパクトカメラでボリュームーゾーンを取っても利益にならないためだ。

求められる一目瞭然の長所

画像を拡大
高倍率ズームの「DSC-RX10」を発売(画像を拡大すると望遠側の画像になります)

ソニーでは、エレクトロニクス事業の構造を「スマートフォン+プレミアム製品」へと転換していくソニーの新しい戦略が動き始めている。”写真撮影”の原体験がスマートフォンになっている以上、スマートフォンにはない特徴を磨き込み、一目瞭然で心地よさや美しさを感じさせねばならない。

通常のコンパクトカメラに比べ、撮像素子の面積が4倍前後となる1インチセンサーを採用する「DSC-RX100」がヒットすると、その後継機や高倍率ズーム機能を持った「DSC-RX10」を投入。いずれも、”スマートフォンの次”へと踏み出してもらうため、画質、質感、操作感にこだわった製品である。

RX10やRX100はいわばセミ・プレミアムな製品だが、本当にプレミアムな製品も用意している。

それがソニーが独自開発したフルサイズCMOSセンサーを搭載した高画質カメラだ。昨年秋の発売以来、ハイアマチュアの間で話題になった25万円のコンパクトデジタルカメラ「DSC-RX1」がその最たるものだ。

それに加えてノンレフレックス一眼の、「α7」シリーズにもフルサイズCMOSセンサーを搭載。プレミアム機のラインナップを一気に拡充してみせた。

次ページ平井社長が陣頭指揮
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT