20代社員は地味な積み立て投資が向いている

投資を始めるならどんな方法がいいのか

「地味に積み立てをする」と、投資は負けにくい(写真:kikuo/PIXTA)

これまで「お金持ちになったサラリーマン」に共通する3つのこととして、「給与天引きを利用する」「会社の制度をできるかぎり利用する」「継続的に投資をする」を挙げました。特に前回の記事「20代若手社員が億万長者になる地味な投資法」では、「自分が勤務している会社以外の株式に投資することはリスク分散にもなる」ということについてお話ししました。

なぜ投資は「一度にまとめて」しないほうがいいのか

今回お話しするのは「継続的に」という部分です。つまり「一度にまとめて投資をする」のではなく、「積み立て」による投資は、さらにリスクの分散が図れるうえに、普通のサラリーマンが仕事しながら投資するのに最適な手段だということを詳しくお話ししたいと思います。特に20代の若手社員にはぜひ実践していただきたいのです。

投資というと、「ボーナスなどで少し大きな資金がたまったらまとめて始める」「貯蓄は若いうちからコツコツ少額で積み立てる」、というイメージを持っている方がどうも多いようです。しかし実は逆なのです。資産形成するための投資こそ小額でコツコツ積み立てながらやったほうがいいし、貯蓄は資金があるのであればまとめてドンと預けたほうがよいのです。

なぜなら投資は、価格変動のリスクがあるからです。株式にせよ投資信託にせよ、売買によって利益を出すには、安く買って高く売ることが必要です。では、どうやって安く買えばいいかというと、これがなかなか難しいのです。「今買うのが安いのかどうか」「将来は値上がりするかどうか」、いずれも将来になってみないと結果はでないことですから、考えだしたらなかなか買えません。

次ページ「積み立て投資」はいちいち悩まなくて済む
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。