20代社員は地味な積み立て投資が向いている

投資を始めるならどんな方法がいいのか

「地味に積み立てをする」と、投資は負けにくい(写真:kikuo/PIXTA)

これまで「お金持ちになったサラリーマン」に共通する3つのこととして、「給与天引きを利用する」「会社の制度をできるかぎり利用する」「継続的に投資をする」を挙げました。特に前回の記事「20代若手社員が億万長者になる地味な投資法」では、「自分が勤務している会社以外の株式に投資することはリスク分散にもなる」ということについてお話ししました。

なぜ投資は「一度にまとめて」しないほうがいいのか

今回お話しするのは「継続的に」という部分です。つまり「一度にまとめて投資をする」のではなく、「積み立て」による投資は、さらにリスクの分散が図れるうえに、普通のサラリーマンが仕事しながら投資するのに最適な手段だということを詳しくお話ししたいと思います。特に20代の若手社員にはぜひ実践していただきたいのです。

投資というと、「ボーナスなどで少し大きな資金がたまったらまとめて始める」「貯蓄は若いうちからコツコツ少額で積み立てる」、というイメージを持っている方がどうも多いようです。しかし実は逆なのです。資産形成するための投資こそ小額でコツコツ積み立てながらやったほうがいいし、貯蓄は資金があるのであればまとめてドンと預けたほうがよいのです。

なぜなら投資は、価格変動のリスクがあるからです。株式にせよ投資信託にせよ、売買によって利益を出すには、安く買って高く売ることが必要です。では、どうやって安く買えばいいかというと、これがなかなか難しいのです。「今買うのが安いのかどうか」「将来は値上がりするかどうか」、いずれも将来になってみないと結果はでないことですから、考えだしたらなかなか買えません。

次ページ「積み立て投資」はいちいち悩まなくて済む
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT